岸孝之が7回2失点で今季初勝利! 西川遥輝は待望の移籍後初本塁打をマーク

2022.4.6(水) 16:50 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月6日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と埼玉西武の第2回戦は、7対2で東北楽天が勝利した。

 東北楽天は初回、埼玉西武・松本航投手の立ち上がりを攻める。2四球で無死1、2塁の好機を得ると、3番・浅村栄斗選手の適時打で1点を先制。さらに、5番・鈴木大地選手に適時二塁打、続く渡邊佳明選手には犠飛が生まれ、3点を先行した。

 頼もしい援護を受けた先発の岸孝之投手は、緩急を自在に操り、テンポ良くアウトを重ねる。5回表に、7番・外崎修汰選手、8番・岸潤一郎選手に2者連続で被弾するも、以降は危なげない投球を披露し、7回4安打(被本2)2四球4奪三振2失点の内容で降板した。

 1点差に迫られた直後の5回裏、先頭の1番・西川遥輝選手が右翼席へ1号ソロを運び、スコアを4対2とする。さらに7回裏、辰己涼介選手、西川選手の安打などで2死満塁のチャンスをつくると、4番・島内宏明選手がはじき返した打球は左中間を破る。これが走者一掃の適時二塁打となり、3点を追加した。

 8回表を安樂智大投手が3者凡退で抑えると、最終9回表は松井裕樹投手がマウンドへ。2番・源田壮亮選手、3番・オグレディ選手に連続四球を与えるも、後続を断ち、7対2で試合終了。

 勝利した東北楽天は、岸投手が7回を2失点の好投。西川選手には、「岸さんには日頃からお世話になっているので、こういうところでたくさん返したいと思っていました」と笑顔で振り返る移籍後初本塁打が生まれた。

 一方敗れた埼玉西武は、先発の松本投手が5回4安打1本塁打3四球3奪三振4失点と粘れず。打線では、プロ初スタメンの牧野翔矢選手に初安打が生まれたものの、外崎選手、岸選手のソロで挙げた2得点にとどまった。

  123456789 計
西 000020000 2
楽 30001030X 7

西 ●松本航-水上由伸-平井克典-佐々木健-宮川哲
楽 ○岸孝之-安樂智大-松井裕樹

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】浅村栄斗の先制打
【動画】西川遥輝 移籍後初本塁打!
【動画】辰己涼介がピンチの芽を摘む好守を見せる
【動画】島内宏明 走者一掃の適時二塁打を放つ

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM