【ファーム】黒川史陽がサヨナラ打! 東北楽天が埼玉西武との接戦を制す

2021.9.23(木) 16:17 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・黒川史陽選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・黒川史陽選手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月23日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた東北楽天と埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦、第14回戦は2対1で東北楽天がサヨナラ勝利を収めた。

 東北楽天の先発・弓削隼人投手は初回、2回表ともに3者凡退に抑える上々の立ち上がりを披露。3回表には1死3塁のピンチを招くも、要所を締める投球で得点を許さない。以降も埼玉西武に付け入る隙を与えない投球を続けたが、6回表に連打などで1死1、3塁としたところで降板。ここは後を受けた高田萌生投手が後続を断ち、無失点でつないだ。

 投手陣の奮闘に応えたい打線だったが、6回までわずか1安打に抑え込まれる。0対0のまま迎えた7回表は渡邊佑樹投手、8回表は菅原秀投手がそれぞれ無失点でつなぐも、9回表に5番手・寺岡寛治投手が駒月仁人選手に3号ソロを被弾。しかし最終9回裏、小郷裕哉選手の安打や四球などで2死1、3塁とすると、黒川史陽選手が2点適時二塁打を放ち、2対1で東北楽天がサヨナラ勝利を飾った。

 勝利した東北楽天は、弓削投手が5.1回5安打無四死球無失点の好投を見せ、救援陣も奮闘。9回表に寺岡投手が痛恨の一発を浴びるも、9回裏に打線が奮起した。一方の敗れた埼玉西武は、投手陣が8回まで完封リレーでつなぎ、9回表には駒月仁人選手に3号ソロが生まれたが、5番手・井上広輝投手が誤算だった。

  123456789  計
西 000000001  1
楽 000000002X 2

西 吉川光夫-榎田大樹-伊藤翔-小川龍也-●井上広輝
楽 弓削隼人-高田萌生-渡邊佑樹-菅原秀-○寺岡寛治

文・後藤万結子

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】黒川史陽選手のサヨナラタイムリー
【動画】駒月仁人選手の3号ソロ
弓削隼人投手の名鑑をチェック
ファーム注目シーンを動画で

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM