サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

【ファーム】来田涼斗、太田椋など期待の若手の活躍で、オリックスが勝利!

2021.6.26(土) 16:43 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 太田椋選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 太田椋選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月26日、タマホームスタジアム筑後で行われた、福岡ソフトバンクとオリックスのウエスタン・リーグ公式戦第15回戦は、5対3でオリックスが勝利した。

 オリックスは初回、安打と四球で2死1、2塁のチャンスをつくり、5番・来田涼斗選手の適時打で先制。続く2回表には8番・元謙太選手の2号ソロ、3回表にも来田選手の2打席連続となる適時打と西村凌選手の適時二塁打で追加点を挙げ、4対0と試合を優位に進める。

 一方オリックスの先発は、東晃平投手。1回裏に2死3塁のピンチを迎えるも、後続を断ち無失点で切り抜ける。すると2回以降は5回まで2塁を踏ませない好投を見せるが、6回裏に2死1、3塁と初回以来の得点圏の走者を背負うと、柳町達選手の適時打で1点を失う。東投手は、6回6安打8奪三振1失点の内容でマウンドを降りた。
 
 打線は1点を返された直後の7回表、3番・太田椋選手の2号ソロで、リードを再び4点とする。5対1で迎えた9回裏には2点を失ったものの、リードを守り切り試合終了。勝利したオリックスは、東投手が今季4勝目。打線は来田選手が2安打2打点、太田選手が2安打1打点など、若手の活躍が目立った。一方敗れた福岡ソフトバンクは、先発の笠谷投手が5回7安打4失点と、試合をつくれず。打線も9回裏に2点差まで詰め寄ったものの、反撃及ばなかった。

  123456789 計
オ 112000100 5
ソ 000001002 3

オ ○東晃平-荒西祐大-金田和之-吉田凌-S齋藤綱記
ソ ●笠谷俊介-高橋純平-川原弘之-中村亮太

文・成田理亮

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

本日好投した東晃平投手をチェック
ドラフト3位ルーキー・来田涼斗選手の選手名鑑はこちら
太田椋選手の動画はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM