山岡泰輔が無念の4回KO。打線は11安打を放つも3得点に終わりオリックスが敗戦

2021.5.25(火) 21:11 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 山岡泰輔投手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 山岡泰輔投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月25日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNAとオリックスの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第1回戦は、3対10でオリックスが敗戦。カード初戦を白星とはならなかった。

 オリックスの先発・山岡泰輔投手は2回裏、無死1塁の場面から宮崎敏郎選手に5号2ラン、大和選手に1号ソロを浴び序盤から3点を失った。さらに4回裏、宮崎選手に二塁打を許し無死2塁のピンチを招くと、続くソト選手に6号2ランを浴び5点差に広げられてしまう。山岡投手は4回7安打4奪三振5失点と横浜DeNA打線を止められず無念の降板となった。

 反撃したい打線だが、初回に1死2塁の好機を得るも無得点に終わり、その後は横浜DeNAの先発・ピープルズ投手に対し5回までわずか2安打に抑え込まれてしまう。すると継投に入った5回裏にも金田和之投手が佐野恵太選手に5号2ラン、ソト選手に2打席連続となる7号ソロを浴び、スコアは0対8に。

 打線は6回表、福田周平選手と安達了一選手の連打で無死1、3塁の好機をつくり、続く吉田正尚選手の併殺打の間に1点を返す。さらに8回表には福田選手の二塁打、安達選手の進塁打で1死3塁とすると、続く吉田正選手に10号2ランが飛び出し点差を5点に縮める。

 しかし8回裏にも2点を失い、3対10と再び点差を広げられる。一矢報いたい打線は頓宮裕真選手、福田選手の連打で2死1、2塁の好機をつくるも、大城滉二選手が見逃し三振に倒れ3対10で試合終了。敗れたオリックスは先発の山岡投手が3本、2番手の金田投手が2本と、計5本の本塁打を浴び試合をつくれず。打線は11安打を記録するも3得点にとどまった。

  123456789 計
オ 000001020 3
デ 03023002X 10

オ ●山岡泰輔-金田和之-比嘉幹貴‐K-鈴木‐村西良太‐山田修義
デ ○ピープルズ‐石田健大-国吉佑樹

文・鈴木竜雅

関連リンク

5/25 ジャイアンツ対イーグルス結果
5/25 スワローズ対ファイターズ結果
5/25 ドラゴンズ対ホークス結果
5/25 タイガース対マリーンズ結果
【ファーム】5/25 イーグルス対ベイスターズ結果
【ファーム】5/25 ライオンズ対マリーンズ結果
【ファーム】5/25 ホークス対タイガース結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM