涌井秀章が史上47人目の2500投球回を達成! 15安打13得点の猛攻で楽天が勝利

2021.5.21(金) 22:05 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・涌井秀章投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・涌井秀章投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月21日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと楽天の第10回戦は、13対6で楽天が勝利。15安打13得点の隙のない打撃でカード初戦をものにした。

 先制したのは楽天だ。4回表に3番・浅村栄斗選手が安打で出塁すると、5番・岡島豪郎選手に適時三塁打が飛び出し1点を先制する。打った岡島選手は、「打てて良かったです。試合を勝てるように、まずは先制できて良かったです」とコメントした。

 5回表には茂木栄五郎選手、太田光選手の連打などで2死満塁とすると、浅村栄斗選手の適時打で2点を追加。なおも1、3塁のチャンスで4番・島内宏明選手が6号3ランをレフトスタンドへたたき込み、6対0と千葉ロッテを突き放す。打った島内選手は、「1年と7か月ぶりに芯に当たりました」と振り返った。

 楽天の先発は、現在2連敗中の涌井秀章投手。初回に無死2塁のピンチを迎えるも、後続を打ち取り、無失点で切り抜ける。強風と雨の中、落ち着いた投球で凡打の山を築き5回までスコアボードに0を並べるも、6回裏に1死2、3塁の場面で安田尚憲選手の適時内野安打で1失点。続くレアード選手には9号3ランを浴び6対4と2点差まで詰め寄られた。

 しかしその直後、2死1、3塁のチャンスの場面で岡島豪郎選手、内田靖人選手に連続適時打が生まれ2点を追加。8対4と再び楽天が千葉ロッテを突き放す。

 7回裏には2番手・ブセニッツ投手が登板するも中村奨吾選手に適時打を浴び、8対6と再び2点差とされるが、後を託された安樂智大投手が無死1、2塁のピンチを無失点で切り抜ける好リリーフを披露。打線は8回表に敵失策を誘い3点を追加すると、9回表には鈴木大地選手に1号2ランが飛び出し、スコアを13対6とする。最終回を森原康平投手が3者凡退に抑えて試合終了。13対6で楽天が勝利した。

 勝利した楽天は、先発の涌井秀章投手が史上47人目の2500投球回を達成。6回104球8安打4三振4失点と少々乱れたが、頼もしい援護を受けパ・リーグトップタイの5勝目をマークした。敗れた千葉ロッテは、先発の石川歩投手が5回92球9安打9奪三振6失点と精彩を欠いた。打線も二度2点差まで詰め寄るも、あと一歩及ばなかった。

  123456789 計
楽 000150232 13
ロ 000004200 6

楽 ○涌井秀章-ブセニッツ-安樂智大−宋家豪−森原康平
ロ ●石川歩−小野郁−河村説人−佐々木千隼-土居豪人

文・下村琴葉

関連リンク

5/21 ライオンズ対ファイターズ結果
【ファーム】5/21 マリーンズ対ファイターズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM