高橋光成が7回1失点で開幕から無傷の5連勝! 山川穂高は今季本拠地初本塁打

2021.5.21(金) 21:17 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・高橋光成投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・高橋光成投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月21日、メットライフドームで行われた埼玉西武と北海道日本ハムの第7回戦は、7対1で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は2回裏、山川穂高選手の本拠地初となる4号ソロで1点を先制する。ここまで4勝負けなしの先発・高橋光成投手は、初回に先頭を出しながらも無失点に抑えると、2回表、3回表はわずか7球ずつで3者凡退に抑える完璧なピッチング。序盤は埼玉西武の1点リードで進む。

 4回表も無失点に抑えた高橋投手は5回表、2死から三塁打を浴びるなど1、3塁のピンチ招くと、石川亮選手の適時打で同点とされる。しかし直後の5回裏、埼玉西武は内野安打と四球などで1死2、3塁とすると、中村剛也選手がレフトオーバーの2点適時二塁打を放ち、勝ち越しに成功。さらに2死1、2塁から呉念庭選手、スパンジェンバーグ選手の連続適時打で3点を追加。この回一挙5点の猛攻で6対1とした。

 大量援護をもらった高橋投手は6回表、7回表とピンチを背負いながらも無失点。7回表は2死3塁から今試合自己最速となる152km/hの直球で見逃し三振を奪い、7回6安打3四球6奪三振1失点の内容でマウンドを降りた。8回表は十亀剣投手が無失点でつなぐと、8回裏に押し出し四球で1点を追加。9回表は松岡洸希投手が登板し、わずか5球で3者凡退に抑えて試合終了となった。

 勝利した埼玉西武は、エース・高橋光成投手が7回1失点の好投を見せ、開幕から負け無しでリーグトップタイの5勝目をマーク。打線も5回裏に集中打で5点を奪い、連勝を飾った。敗れた北海道日本ハムは、先発の伊藤大海投手が5回に崩れ、4敗目を喫した。

  123456789 計
日 000010000 1
西 01005001X 7

日 ●伊藤大海-玉井大翔-西村天裕-望月大希
西 ○高橋光成-十亀剣-松岡洸希

文・波多野瞭平

関連リンク

5/21 マリーンズ対イーグルス結果
【ファーム】5/21 マリーンズ対ファイターズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM