吉田正尚の逆転3ランでオリックスが連勝! 先発・田嶋大樹投手は5回2失点

2021.5.15(土) 19:15 パ・リーグ インサイト
オリックス・吉田正尚選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・吉田正尚選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月15日、ほっともっとフィールド神戸で行われたオリックスと楽天の第7回戦は、オリックスが4対3で逆転勝利を収め、4カードぶりのカード勝ち越しを決めた。

 オリックスは田嶋大樹投手が先発登板。初回から走者を背負うなど苦しい立ち上がりとなり、3回表には6番・田中和基選手の適時打で先制を許す。続く4回表には、自らのボークや味方の守備の乱れなどで1点を献上するが、大きく崩れることはなく、5回7安打2失点(自責点1)で降板。2点ビハインドの6回表は、2番手・竹安大知投が3者凡退に打ち取り、味方の援護を待つ。

 打線は、相手先発・田中将大投手の前に抑え込まれ、5回までわずか2安打と苦しい展開が続く。しかし6回裏、1番・福田周平選手と2番・宗佑磨選手の連打で1死1、2塁の好機を演出すると、3番・吉田正尚選手が放った打球はレフトスタンドへ。一気に3点を奪取し、逆転に成功した。

 1点リードで迎えた7回表は、竹安投手が2死1、2塁のピンチを招くも、3番手・山田修義投手がなんとか抑え、リードは譲らず。続く8回表にも4番手・富山凌雅投手の制球が定まらず、1死満塁としたが、5番手・村西良太投手が浅村栄斗選手を併殺打に打ち取る好救援を見せる。8回裏に杉本裕太郎選手の犠飛で1点を追加し、迎えた最終9回裏は、能見篤史投手が岡島豪郎選手の適時打を浴びて1点を献上するも、7番手・K-鈴木投手が後続を断ち4対3で試合終了。

 勝利したオリックスは、先発・田嶋投手が5回7安打5奪三振5四死球2失点(自責点1)の内容。中継ぎ陣も、ピンチを招きながら粘りの投球でつないだ。打線は、田中投手の前に苦戦するも、6回裏に吉田正選手の一発で見事逆転に成功し、カード勝ち越しを決めた。一方、敗れた楽天は、先発・田中投手が7回6安打8奪三振無四死球3失点と粘りを見せるも、6回裏に浴びた一発が大きかった。打線も再三のチャンスで得点できず、連敗を喫した。

  123456789 計
楽 001100001 3
オ 00000301X 4

楽 ●田中将大-酒居知史
オ 田嶋大樹-○竹安大知-山田修義-富山凌雅-村西良太-能見篤史-S K-鈴木

文・後藤万結子

関連リンク

5/15 マリーンズ対ライオンズ結果
5/15 ファイターズ対ホークス結果
【ファーム】5/15 ファイターズ対ライオンズ結果
【ファーム】5/15 イーグルス対バファローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM