高橋光成がリーグトップタイの4勝目! 4番・中村剛也も4試合連続打点

2021.4.30(金) 22:04 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・高橋光成投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・高橋光成投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月30日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと埼玉西武の第5回戦は5対1で埼玉西武が勝利。投打がかみ合った埼玉西武がカード初戦を制した。

 埼玉西武の先発・高橋光成投手は1回、2回と相手打線を3人で抑える上々の立ち上がり。しかし3回裏、先頭の石井一成選手に二塁打を浴びると、1死3塁のピンチを迎える。すると直後の石川亮選手の打席でスクイズ失敗を誘うも、投球が暴投となりスタートを切っていた3塁走者が生還。1点の先制を許した。

 しかし、埼玉西武打線はすぐさま反撃する。4回表、北海道日本ハムの先発・バーヘイゲン投手から森友哉選手が三塁打を放つと、中村剛也選手に4試合連続となる適時打が飛び出し、同点とした。この間に中村選手は相手の守備のほころびを逃さず、2塁に進塁。すると、「中村さんが同点打を打ってくれて、いい流れで回ってきた打席でしたので自分も続こうと思っていました」と愛斗選手にも適時打が生まれ、2対1と逆転した。

 6回表にも栗山巧選手の犠飛で1点を追加した埼玉西武。先発の高橋投手は走者を出しながらも得点は許さず、6回93球4安打1失点でマウンドを後続に託した。7回からはギャレット投手、平良海馬投手が無失点で抑え、9回表に源田壮亮選手の2点適時三塁打で5対1とする。4点リードの最終回は宮川哲投手が締め、試合終了。

 勝利した埼玉西武は、高橋光成投手が6回4安打1失点の力投でリーグトップタイの4勝目。打線も中村選手が4試合連続打点を挙げるなど、11安打5得点を記録した。一方、敗れた北海道日本ハムは打線が散発4安打と、粘投する投手陣を援護できなかった。

  123456789 計
西 000201002 5
日 001000000 1

西 ○高橋光成-ギャレット-平良海馬-宮川哲
日 ●バーヘイゲン-河野竜生-玉井大翔-西村天裕

文・鈴木海斗

関連リンク

4/30 イーグルス対マリーンズ結果
4/30 バファローズ対ホークス結果
【ファーム】4/30 バファローズ対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM