10安打8得点の猛攻を見せた楽天が快勝! 先発・涌井秀章は今季負けなしの4勝目

2021.4.30(金) 21:30 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・涌井秀章投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・涌井秀章投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月30日、楽天生命パーク宮城で行われた楽天と千葉ロッテの第7回戦は8対1で楽天が勝利し、引き分けを挟んで3連勝を飾った。

 楽天は2回表に1点の先制を許すも、その直後1死2塁の場面で8番・辰己涼介選手、9番・太田光選手の打球が敵の失策を誘い、2対1と逆転に成功する。さらに3回裏には鈴木大地選手の安打などで2死1、2塁と好機を演出すると、ディクソン選手が走者一掃の適時三塁打を放ち2点を追加。打ったディクソン選手は「打ったのはストレート。打てるボールを逃さず打とうと思って打席に入ったよ。しっかり捉えることができて良かったし、やっとできたヨ」と笑顔で振り返った。

 打線の勢いは止まらず、4回裏には内田靖人選手が二塁打を放ち1死2塁とチャンスメイクをすると、太田光選手に適時二塁打が飛び出し5対1とリードを広げる。打った太田光選手は「打ったのはストレート。涌井さんが粘って投げていたので、何とかチャンスで打ちたいと思ってました。打てて良かったです」とコメントした。

 楽天の先発は今季3勝負けなしの涌井秀章投手。2回表に1死満塁のピンチを迎えて先制点を献上するも、後続を凡打に打ち取って最小失点に抑える。以降も不安定な投球で毎回ランナーを出しながらも、丁寧で粘り強い投球でスコアボードに0を並べ、5回を投げ終えたところで降板し、継投策に入る。

 6回以降をブセニッツ投手、宋家豪投手、酒居知史投手が無失点リレーでつなぐと、4回以降沈黙していた打線が再び奮起。8回裏には岡島豪郎選手と太田選手の適時打でスコアを8対1とし、千葉ロッテを突き放す。7点リードで迎えた最終9回表は西口直人投手が危なげない投球で締めて試合終了。
 
 勝利した楽天は、先発の涌井秀章投手が5回105球3安打2奪三振4四球1失点の投球で4勝目をマーク。女房役を務めた太田光選手は2安打3打点を記録し、チーム全体で10安打8得点を挙げるなど、投打がかみ合った試合展開となった。一方敗れた千葉ロッテは先発・中村稔弥投手が5回111球7安打3奪三振2四球5失点(自責点3)で今季初黒星。打線のつながりに欠け、2回表の押し出し四球の1得点のみに終わった。

  123456789 計
ロ 010000000 1
楽 02210003X 8

ロ●中村稔弥-佐々木千隼-河村説人-土居豪人
楽○涌井秀章-ブセニッツ-宋家豪-酒居知史-西口直人

文・下村琴葉

関連リンク

4/30 ファイターズ対ライオンズ結果
4/30 バファローズ対ホークス結果
【ファーム】4/30 バファローズ対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM