早川隆久が8回1失点で2勝目をマーク。黒川史陽が3試合連続適時打で鷲がカード勝ち越し

2021.4.18(日) 17:21 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・早川隆久投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・早川隆久投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月18日、東京ドームで行われた北海道日本ハムと楽天の第6回戦は、4対1で楽天が勝利した。楽天は序盤に勝ち越すと、中盤、終盤と追加点が欲しい場面での得点に成功。投打がかみ合い、北海道日本ハムに対して2カード連続で勝ち越しを決めた。

 楽天の先発は、今季4試合目の登板となった早川隆久投手。初回、近藤健介選手に先制の1号ソロを浴びたものの、リズムを乱すことはなかった。1イニングに複数安打を許さない粘りの投球で北海道日本ハム打線をかわし、試合の流れを呼び込む。

 打線は先制を許した直後の2回表に、鈴木大地選手や岡島豪郎選手の安打などで無死満塁のチャンスを作ると、太田光選手のスクイズですぐさま同点に追い付く。3回表には、茂木栄五郎選手が8日以来となる適時打を放ち、勝ち越し点を挙げた。茂木選手は「最近試合に出れていなかったですし、出た時もなかなか結果が出ていなかったですからね。いいところに飛んで、いい結果になって良かったです」と胸をなで下ろした。

 早川投手が好投を続ける中、5回表は鈴木選手の適時打で1点を追加。さらに8回表には黒川史陽選手が3試合連続適時打となる適時二塁打を放ち、4対1と点差を3点に広げた。早川投手は、自身最長となる8回まで登板し、107球6安打無死四球7奪三振1失点でマウンドを降りた。

 4対1のまま迎えた9回裏は抑えの松井裕樹投手が3人でピシャリと抑え、試合終了。勝利した楽天は、3カードぶりとなるカード勝ち越しで再び首位浮上。早川投手は開幕3戦目の北海道日本ハム戦以来となる白星で、今季2勝目をマークした。打線は鈴木選手が3安打、小深田大翔選手、浅村栄斗選手にそれぞれ2安打が飛び出すなど、つながりを見せた。

 一方敗れた北海道日本ハムは、左腕対策としてスターティングメンバーの野手、9人中8人を右打者で並べるというオーダーで挑んだ。しかし挙げた得点は、スタメン唯一の左打者の近藤選手の本塁打のみという結果に終わり、2戦連続で早川投手を攻略できなかった。

  123456789 計
楽 011010010 4
日 100000000 1

楽 ○早川隆久-S松井裕樹
日 アーリン-●金子弌大-玉井大翔-西村天裕

文・小野寺穂高

関連リンク

4/18 バファローズ対マリーンズ結果
4/18 ライオンズ対ホークス結果
【ファーム】4/18 ライオンズ対スワローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM