野村佑希が値千金の決勝打! 万波中正にプロ初安打が飛び出した北海道日本ハムが連勝

2021.4.10(土) 17:27 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・野村佑希選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・野村佑希選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月10日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと北海道日本ハムの第2回戦は、5対2で北海道日本ハムが勝利。最終回に猛攻を見せた北海道日本ハムが、今季初の連勝を決めた。

 北海道日本ハムの先発は、ここまで0勝2敗と今季初勝利を狙うエース・上沢直之投手。初回、四球で出塁させた走者を2塁に置くと、4番・吉田正尚選手に適時二塁打を浴びて先制を許す。

 1点を追う打線は3回表、8番・清水優心選手が安打で出塁すると、続く9番・石井一成選手の適時二塁打で同点とする。なおも2死3塁と好機を作るが、後続が倒れ勝ち越しとはいかず。しかし5回表、7番・万波中正選手のプロ初安打となる二塁打で好機を作ると、清水選手の適時打で勝ち越しに成功して上沢投手を援護する。

 リードを得た上沢投手は、5回裏に3者連続三振を奪う圧巻の投球を披露。しかし6回裏、先頭の宗選手に二塁打を許すと、吉田正選手に今試合2本目となる適時打を浴びて同点に追いつかれる。援護したい打線も、継投に入ったオリックスの中継ぎ陣を捉えきれなかったが、7回裏に登板した玉井大翔投手、8回裏の宮西尚生投手がオリックス打線を封じ、同点で9回に突入した。

 9回表、打線は先頭・近藤健介選手の四球と4番・中田翔選手の安打で無死1、3塁と絶好機を得ると、5番・野村佑希選手に値千金の適時二塁打が飛び出し、勝ち越しに成功する。なおも続く無死2、3塁の好機では、淺間大基選手と代打・大田泰示選手の連続犠飛で追加点を挙げた。3点をリードした9回裏は、杉浦稔大投手がマウンドに上がり無失点で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは今季初の連勝。打っては万波選手にプロ初安打が飛び出し、清水選手と石井選手はマルチ安打の活躍を見せた。また、栗山監督は球団監督通算最多勝記録を更新する記念すべき勝利となった。一方敗れたオリックスは、吉田選手が2安打2打点と4番の役割を果たした。先発の山崎投手も6回2失点で試合を作り次戦につなげたが、最後は不動の守護神を目指す漆原大晟投手が、北海道日本ハム打線につかまる悔しい結果となった。

  123456789 計
日 001010003 5
オ 100001000 2

日 上沢直之-玉井大翔-○宮西尚生-S杉浦稔大
オ 山崎福也-能見篤史-ヒギンス-●漆原大晟

文・岡絃哉

関連リンク

4/10 イーグルス対ホークス結果
4/10 マリーンズ対ライオンズ結果
【ファーム】4/10 イーグルス対ベイスターズ結果
【ファーム】4/10 マリーンズ対ライオンズ結果
【ファーム】4/10 ホークス対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM