今宮健太が美技&サヨナラ打を披露! 終盤に追い上げ福岡ソフトバンクが開幕2連勝

2021.3.27(土) 17:42 パ・リーグ インサイト
3/27 ホークス対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV
3/27 ホークス対マリーンズ ダイジェスト(C)パーソル パ・リーグTV

 3月27日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと千葉ロッテの第2回戦は、3対2で福岡ソフトバンクが勝利。サヨナラ勝ちで接戦を制した福岡ソフトバンクが2連勝を飾った。
 
 福岡ソフトバンクの先発・高橋礼投手は、初回から制球が定まらず4四死球を献上し、ノーヒットで先制を許す。なおも2死満塁とピンチは続いたが、遊撃手・今宮健太選手に好守が生まれ大量失点は防いだ。5回表にはマーティン選手の適時打で1点を失うも、7回途中まで9四死球と制球を乱しながら2安打2失点にまとめマウンドを降りた。
 
 打線は2点を追う6回裏、1死から今宮選手が二塁打を放つと、3番・柳田悠岐選手、4番・グラシアル選手の連打で1点を返す。7回裏にも2死満塁の好機を演出したが、今宮健太選手の打球は中堅手・藤原恭大選手の好捕に阻まれ、無得点に終わった。しかし8回裏に再び2死2塁と好機を得ると、打席にはデスパイネ選手。会心の当たりとはいかなかったが、打球は内野手の頭上を越えて2塁走者が生還。試合を振り出しに戻した。

 同点で迎えた9回表は、守護神・森唯斗投手が3者凡退に抑えてリズムを作る。そして9回裏は1死から周東佑京選手が安打で出塁すると、けん制悪送球の間に2塁へ。一打サヨナラの好機で今宮健太選手が放った打球は、前進守備の外野手を越えるサヨナラタイムリーに。終盤で試合をひっくり返した福岡ソフトバンクが、3対2で勝利した。

 勝利したソフトバンクは、先発した高橋礼投手が9四死球と制球に苦しんだが、好守にも助けられながら7回途中2失点と試合を作った。野手では今宮選手が2度のファインプレーに加え、サヨナラヒットも放つ大活躍。攻守にわたってチームの勝利に貢献した。一方敗れたロッテは、先発・美馬学投手が6回88球5安打1失点の好投。昨シーズン7戦5勝という鷹キラーぶりを遺憾なく発揮したが、チーム全体でわずか2安打と、12四死球で作った好機を生かすことができず。中継ぎ陣も再三のピンチで踏ん張ったが、9回に力尽き、開幕2連敗となった。

  123456789  計
ロ 100010000  2
ソ 000001011X 3

ロ 美馬学-唐川侑己-ハーマン-●益田直也
ソ 高橋礼-嘉弥真新也-杉山一樹-津森宥紀-○森唯斗

文・吉村穂乃香

関連リンク

3/27 イーグルス対ファイターズ結果
3/27 ライオンズ対バファローズ結果
【ファーム】3/27 ライオンズ対ベイスターズ結果
【ファーム】3/27 マリーンズ対イーグルス結果
【ファーム】3/27 バファローズ対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM