岸孝之が5回1失点の好投。島内宏明、銀次に適時打が生まれた楽天がオープン戦初白星

2021.3.9(火) 16:36 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手(C)パーソル パ・リーグTV

 3月9日、静岡草薙球場で行われた楽天と千葉ロッテのオープン戦は、3対2で楽天が勝利した。投手陣が粘り、打線が終盤に勝ち越しオープン戦初勝利を飾った。

 先制したのは楽天。3回裏、無死1塁から小郷裕哉選手がフェンス直撃の二塁打を放つ。一塁走者は本塁でタッチアウトになったが、1死3塁と好機は続き、1番・辰己涼介選手の内野ゴロの間に1点を奪った。

 先発のマウンドに上ったのは岸孝之投手。千葉ロッテ打線に対して5回2安打3奪三振3四球1失点の好投で状態の良さをアピールした。後を継いだ2番手の酒居知史投手も無失点で切り抜けると、3番手はドラフト2位ルーキーの高田孝一投手が登板。四球で走者を許したものの後続を併殺打に打ち取り、3人で締めた。

 3回以降ホームが遠かった楽天打線だったが、7回裏に千葉ロッテの3番手・松永昂大投手を捉える。無死1塁から5番・島内宏明選手の適時三塁打で勝ち越しに成功すると、7番・銀次選手にも適時打が生まれ、3対1とリードを2点に広げた。勝ち越し打の島内選手は、「打ったのはストレートです。久しぶりにお客さんの前だったのでめちゃくちゃ緊張しました。これが緊張感ですね。最後に静岡県民の皆さん熱いハート届きましたか?」と、独特の言い回しで打席を振り返った。

 8回表は高田萌生投手が平沢大河選手に本塁打を浴び、2死2、3塁と一打逆転のピンチを背負ったものの、後続を抑え1失点にとどめる。1点差で迎えた9回表は、ドラフト4位ルーキーの内間拓馬投手が3人で締めて試合終了。勝利した楽天は、石井一久新監督の下でオープン戦初勝利をあげた。また、7回表を無安打無失点に抑えたルーキーの高田孝投手に白星がついた。

 一方の千葉ロッテは、先発の小島和哉投手が4回1安打1失点の好投を見せたが、3番手の松永投手が踏ん張りきれず敗戦。打線も終盤に迎えた逆転の好機をものにできなかった。

  123456789 計
ロ 000010010 2
楽 00100020X 3

ロ 小島和哉-大嶺祐太-●松永昂大-東條大樹-土居豪人
楽 岸孝之-酒居知史-○高田孝一-高田萌生-S内間拓馬

文・小野寺穂高

関連リンク

3/9 ベイスターズ対ファイターズ結果
3/9 ドラゴンズ対ライオンズ結果
3/9 バファローズ対スワローズ結果
3/9 ホークス対ジャイアンツ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM