能見篤史が移籍後初の対外試合で2回無失点。土壇場でオリックスが逆転サヨナラ勝利

2021.2.24(水) 17:26 パ・リーグ インサイト
【7回表】バファローズ・能見 移籍後初の対外試合で2回無失点の好投を見せる!! 2021/2/24 B-L(MBG)(C)パーソル パ・リーグTV
【7回表】バファローズ・能見 移籍後初の対外試合で2回無失点の好投を見せる!! 2021/2/24 B-L(MBG)(C)パーソル パ・リーグTV

 2月24日、SOKENスタジアムで行われたオリックスと埼玉西武の球春みやざきベースボールゲームズは、5対4でオリックスが勝利した。

 オリックスの先発・山崎福也投手は2回に先制を許すも、3回を投げ6奪三振1失点とまずまずの投球を見せる。すると打線は2回裏、1死から7番・杉本裕太郎選手が三塁打でチャンスを作り、続く8番・福田周平選手がセンターに適時打を放ち同点に追いつく。5回表、2番手・榊原翼投手が駒月仁人選手の適時打などで2点を失うも、直後の5回裏に太田椋選手の適時三塁打で1点を返し流れを渡さない。

 6回からは移籍後対外試合初登板となる能見篤史投手が3番手でマウンドに上がると、キレのあるストレートやフォークを駆使し2イニングを投げ無失点。さらに4番手の富山凌雅投手も無失点でつなぎ、オリックスは1点ビハインドのまま9回を迎える。

 9回表、マウンドには5番手の吉田一将投手が上がるが、先頭の中熊大智選手にいきなり二塁打、続く金子侑司選手に適時三塁打を浴び追加点を許す。しかしそこから立ち直り、その後は3者連続三振と、最少失点で切り抜け打線の奮起を待った。

 追い込まれたオリックスであったが、その裏、先頭の田城飛翔選手と大城滉二選手の連打で好機を演出すると、紅林弘太郎選手の適時打と杉本裕太郎選手の適時二塁打でついに同点に追いつく。最後に福田周平選手の打席で振り逃げの間に3塁にいた山足達也選手が生還。オリックスが土壇場で逆転しサヨナラで勝利した。

 勝利したオリックスは太田椋選手が4安打と快音連発の大活躍で猛アピールに成功。さらに能見投手の対外試合初登板も2回無失点の好投でチームを勝利に導いた。一方敗れた埼玉西武は山野辺翔選手が4安打、金子選手も3安打と結果を残したものの、最後に痛いバッテリーミスで逆転負けを喫した。

  123456789  計
西 010020001  4
オ 010010003X 5

西 十亀剣-上間永遠-増田達至-井上広輝-田村伊知郎
オ 山崎福也-榊原翼-能見篤史-富山凌雅-吉田一将

文・矢澤拓郎

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM