優勝が近づく大一番で鷹が先制! 5連打&押し出し四球で3点を奪う

パ・リーグ インサイト

2022.9.30(金) 21:58

福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・柳田悠岐選手(C)パーソル パ・リーグTV

◇東北楽天対福岡ソフトバンク 第25回戦(30日・楽天生命パーク宮城)

 福岡ソフトバンクは、5連打と押し出し四球で3点の先制に成功した。

 マジック「2」で迎えたこの試合。勝利して優勝を手繰りよせたい福岡ソフトバンクは4回表、相手先発・涌井秀章投手を攻略する。1死から牧原大成選手が内野安打で出塁。続く柳田悠岐選手が適時二塁打を放ち、先制に成功。

 さらにデスパイネ選手が内野安打でつなぐと、1死1、3塁から中村晃選手が適時打を放ち、2対0に。今宮健太選手にも安打が生まれ1死満塁、その後2死とされるも、甲斐拓也選手が低めの球を見極め、押し出し四球を選び、この回一挙3得点を奪った。

 試合は投手陣がリードを守り切り、福岡ソフトバンクが5対1で勝利。2位・オリックスが勝利したため、優勝とはならなかったものの、自力でマジックナンバーを「1」とした。明日10月1日、勝利すれば優勝が決まる。この勢いのまま、パ・リーグ制覇へと突き進みたい。

◇柳田悠岐選手 コメント 
「打ったのはチェンジアップです。タイミングを外されましたが、うまく反応して芯に当てることができました。大事な先制点を取ることができて良かったです」

◇中村晃選手 コメント 
「打ったのはチェンジアップです。ギーさん(柳田悠岐)が先制のタイムリーを放って、何とか続いていこうと打席に入りました。先制のいい流れに乗って、タイムリーを打つことができて良かったです」

文・谷島弘紀

投手陣が好投した福岡ソフトバンクが勝利! マジックを「1」とする【9/30 結果】
「パ・リーグ.com」ではパ・リーグのニュースを更新中!
本日の試合詳細/動画はこちら

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE