埼玉西武が逃げ切り3位を守る! 山川穂高が40号、高橋光成はキャリアハイの12勝目

パ・リーグ インサイト

2022.9.27(火) 20:54

埼玉西武ライオンズ・高橋光成投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・高橋光成投手(C)パーソル パ・リーグTV

 9月27日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と福岡ソフトバンクの第24回戦は、4対1で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は初回、2死から森友哉選手が四球で出塁すると、山川穂高選手の2ランで先制点を奪う。山川選手にとっては3年ぶり、自身3度目の40号到達となった。

 一方、自己最多の12勝目を狙う高橋光成投手は、初回を3人で終える上々の立ち上がり。4回表に無死1、2塁のピンチを背負ったが、柳田悠岐選手、デスパイネ選手を連続三振に打ち取るなどして切り抜けた。

 2点リードのまま迎えた5回裏、打線は相手失策などで無死1、2塁とする。ここで森友哉投手が併殺打に倒れ、チャンスを逃したかに見えたが、2死満塁まで再び好機を広げると、愛斗選手の2点適時打で貴重な追加点を挙げた。

 7回表、デスパイネ選手の13号ソロで1点を失った高橋光成投手だったが、その後に招いた1死1、2塁の窮地を併殺打で切り抜け、7回1失点で降板。8回表は平良海馬投手が無失点でつないだ。

 9回表には、増田達至投手が登板。1死から中村晃選手に四球を与えるも後続を断ち、4対1で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、高橋光成投手が7回107球6安打8奪三振2四球1失点で今季12勝目。山川選手の40号2ランも飛び出し、CS圏内の3位を守った。一方、敗れた福岡ソフトバンクは、先発の石川柊太投手が5回4失点と粘り切れず。打線も何度か好機をつくったが、ソロ本塁打による1得点にとどまった。

  123456789 計
ソ 000000100 1
西 20002000X 4

ソ ●石川柊太-甲斐野央-笠谷俊介-泉圭輔-田中正義
西 ○高橋光成-平良海馬-S増田達至

文・吉村穂乃香

関連リンク

試合詳細/動画
高橋光成 動画/成績
愛斗 選手名鑑
山川穂高の3年ぶり40号で埼玉西武が先制!「40本、という数字はずっと意識」
株式会社埼玉西武が採用サイトをオープン

記事提供:

パ・リーグ インサイト

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE