21安打14得点と打線が爆発し東北楽天が連敗ストップ! 早川隆久は3登板ぶりの白星

パ・リーグ インサイト

2022.7.3(日) 17:36

東北楽天ゴールデンイーグルス・早川隆久投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・早川隆久投手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月3日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテと東北楽天の第14回戦は、14対1で東北楽天が勝利した。

 東北楽天は初回、2死走者無しから浅村栄斗選手、島内宏明選手が安打で出塁すると、5番・銀次選手が8試合連続安打となる適時打を放ち、先制に成功。3回表にも島内選手の犠飛で1点を追加した。

 先発の早川隆久選手は、得点圏に走者を背負いながらも粘りの投球を展開する。2点リードの4回裏には、無死2塁のピンチを切り抜け主導権を譲らない。

 すると直後の5回表は、先頭の西川遥輝選手が三塁打で出塁。続く小深田大翔選手の適時三塁打で1点を追加すると、島内選手、銀次選手が適時打で続き、相手先発・美馬学投手をノックアウトした。さらに鈴木大地選手の犠飛などで得点を重ね、この回までに7点差をつける。

 6回表には岡島豪郎選手の今季初打点となる適時打が生まれると、武藤敦貴選手の適時打で3点を追加。7回表には鈴木選手の適時打で先発全員安打とし、11点目を挙げた。投げては早川投手が岡大海選手からの一発のみに失点をとどめ、7回104球6安打2四球3奪三振でマウンドを降りた。

 8回裏は森原康平投手、9回裏は福山博之投手と今季初登板の投手陣が締め試合終了。島内宏明選手が4安打を放つなど、21安打14得点の快勝で連敗を「3」でストップ。9回には代打・田中貴也選手にも今季初安打初打点が生まれている。早川投手は自身3試合ぶりの白星でこちらも連敗を止めた。

 一方敗れた千葉ロッテは、美馬学投手が4.0回9安打7失点と精彩を欠いた。打線も僅差の序盤に好機をつくったもののあと一本が出ず。中盤以降は完全に主導権を握られ、5連勝とはならなかった。

  123456789 計
楽 101053103 14
ロ 000000100 1

楽 ○早川隆久-森原康平-福山博之
ロ ●美馬学-中村稔弥-八木彬-小沼健太

文・小野寺穂高

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】8試合連続安打!銀次 タイムリー2ベースヒット
【動画】小深田大翔 2者連続の三塁打
【動画】島内宏明 ライト線を襲うタイムリー2ベースヒット
【動画】早川隆久 7回1失点の好投を見せる

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE