【ファーム】茶谷健太が4安打4打点の大暴れ! 13安打9得点で千葉ロッテが快勝

2022.6.17(金) 15:49 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・茶谷健太投手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・茶谷健太投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月17日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦、第8回戦は9対3で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテ先発の土居豪人投手は、1回表を3者凡退に抑えたが、2回表に2死1塁から赤羽由紘選手に2号2ランを浴び、2点の先制を許す。

 打線は3回裏、柿沼友哉選手の振り逃げや敵失策などで2死満塁の好機を得ると、茶谷健太選手に2点適時打が生まれ、同点に追い付く。なおも2死1、3塁の好機で菅野剛士選手が勝ち越し適時打。3得点を挙げ、1点のリードを得た。

 このままリードを守りたい土居投手であったが、5回表に2死1塁の場面から茶谷選手の悪送球で1点を失い、試合は振り出しに。しかしその裏、先頭の茶谷選手が二塁打で好機をつくると、福田秀平選手が適時打を放ち、再び1点を勝ち越した。

 6回裏には1死1、3塁から西川僚祐選手が適時打を放つと、その後2死2、3塁の場面では茶谷選手に2点適時打が生まれ、この回3得点。さらに7回裏にも併殺の間に1点を追加すると、8回裏に西川選手に3号ソロが飛び出した。投手陣は7回から2イニングを廣畑敦也投手、9回表を山本大貴投手が無失点でつなぎ、9対3で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、先発の土居投手が6回3安打1四球2奪三振3失点(自責点0)と好投した。打線では茶谷選手が4安打4打点の大暴れ。西川選手も本塁打を放つなど、チーム全体で13安打を放ち、勝利をつかんだ。

  123456789 計
ヤ 020010000 3
ロ 00301311X 9

ヤ ●寺島成輝-鈴木裕太-久保拓眞‐大下佑馬-嘉手苅浩太
ロ ○土居豪人-廣畑敦也-山本大貴

文・鈴木竜雅

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

試合のハイライト動画はこちら
【動画】福田秀平の勝ち越しタイムリーヒット!
【動画】茶谷健太のタイムリーヒット!
【動画】西川僚祐のホームラン!
ファーム注目シーンを動画でチェック!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM