【ファーム】千葉ロッテが引き分けに持ち込む。藤原恭大が2ラン含む4安打

2022.6.14(火) 17:27 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・藤原恭大選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・藤原恭大選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月14日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦第9回戦は、7対7で引き分けに終わった。

 千葉ロッテの先発は、森遼大朗投手。2回表に連打と四球で無死満塁のピンチを招くと、山村崇嘉選手に犠飛を浴びて先制を許す。さらに齊藤誠人選手の適時打、長谷川信哉選手の2号3ランなどでこの回6失点。しかし3回以降は走者を背負いながらも粘りの投球で無失点に抑え、5回104球6安打5四球3奪三振6失点(自責点5)の内容で降板した。

 一方の打線は3回裏、福田秀平選手、藤原恭大選手の安打などで、1死1、3塁の好機をつくる。ここで、相手の守備のミスと茶谷健太選手の適時打で2点を返した。

 6回以降は森投手の後を託された救援陣が力投。6回表を2番手・成田翔投手が無失点でつなぐと、7回表からは3番手・廣畑敦也投手が登板。走者を背負いながらも、2イニングを無失点に抑えた。

 救援陣の粘投に応えたい打線は7回裏、死球で2死1塁と走者を置くと、藤原選手に1号2ランが飛び出し4対6に。さらに3番・西川僚祐選手は四球を選び出塁、続く茶谷選手にこの日2本目となる適時打が生まれ、5対6と1点差に詰め寄る。
 
 9回表には4番手・佐々木千隼投手が1点を失い5対7とされるも、打線は9回裏、四球と安打で無死2、3塁のチャンスをつくる。暴投と西川選手の犠飛で7対7とついに同点に追い付き、試合は延長戦に突入した。

 10回表を5番手・山本大貴投手、11回表を6番手・田中靖洋投手と無失点でつなぐ。サヨナラ勝ちを決めたい打線は最終11回裏に、1死から藤原選手が死球で出塁。しかし、相手の好守もあり、後続が打ち取られ試合終了。

 千葉ロッテは救援陣が6回以降1失点と粘投。中でも田中靖投手が1イニングを3人で切って取る完璧な投球を披露した。打線は、藤原選手が4安打1本塁打2打点2盗塁、茶谷選手が2安打2打点の活躍。終盤に得点を重ね、最大6点差を追い付いた。

 一方の埼玉西武は、高木選手が3安打1打点、長谷川選手が2号3ランなど7得点。しかし、救援陣がリードを守り切れなかった。

  1234567891011 計
西 06000000100 7
ロ 00200030200 7

西 豆田泰志-佐野泰雄-大曲錬-田村伊知郎-出井敏博-十亀剣
ロ 森遼大朗-成田翔-廣畑敦也-佐々木千隼-山本大貴-田中靖洋

文・谷島弘紀

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】長谷川信哉の特大2号3ラン!
【動画】藤原恭大 弾丸ライナーの2ランホームラン
【動画】茶谷健太 1点差に詰め寄るタイムリー
「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeチャンネル登録数が100万人突破!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM