浅村栄斗の10号ソロで先制するも、藤井聖が4回4失点。東北楽天が3連勝を逃す

2022.6.10(金) 20:36 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・浅村栄斗選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・浅村栄斗選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月10日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と巨人の「日本生命セ・パ交流戦2022」第1回戦は、1対4で東北楽天が敗れた。

 東北楽天は初回、浅村栄斗選手の10号ソロで先制に成功。しかし、先発の藤井聖投手は、直後の2回表に2四球とウィーラー選手の安打で無死満塁のピンチを招くと、犠飛と適時打で逆転を許す。なおも2死1、3塁で丸佳浩選手に適時打を浴び、この回3失点を喫した。

 追い付きたい打線は3回裏、1死満塁の好機で主軸を迎えたがここを得点につなげられず。直後の4回表には丸選手に13号ソロを浴び、試合の主導権を握られた。5回表からは石橋良太投手にスイッチ。ピンチも招いたが、3回2安打無失点の好リリーフでつないだ。

 8回表は西垣雅矢投手、9回表を酒居知史投手が無失点ピッチングを見せたが、打線は相手先発・戸郷翔征投手を捉えられず。結局完投を許し、1対4で敗れた。

 先発の藤井投手が4回77球5安打3四球4失点の投球内容。「打者に向かっていくことが大切というなかで、少し大事にいきすぎてもったいない投球になってしまった」と悔しさが残った。打っては浅村栄斗選手が10年連続となる2桁本塁打を先制弾で決めたが、ビハインドの展開となってからは反撃することができなかった。

  123456789 計
巨 030100000 4
楽 100000000 1

巨 ○戸郷翔征
楽 ●藤井聖-石橋良太-西垣雅矢-酒居知史

文・小野寺穂高

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】フリーアナウンサーの袴田彩会さんが始球式に登場
【動画】浅村栄斗 今季第10号
【動画】石橋良太 ピンチを背負うも無失点で切り抜ける
岸孝之が史上19人目の快挙

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM