6点差を守り切れず北海道日本ハムが逆転負け。万波中正が本塁打含む3安打2打点

2022.6.3(金) 21:59 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・万波中正選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・万波中正選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月3日、甲子園で行われた阪神と北海道日本ハムの「日本生命セ・パ交流戦2022」第1回戦は、7対9で北海道日本ハムが敗れた。

 北海道日本ハムは1回表、先頭の淺間大基選手が安打で出塁すると、続く万波中正選手の左中間を破る適時二塁打で先制に成功。その後1死3塁の好機で清宮幸太郎選手が犠飛を放ち、この回2点を先行した。2回表にも無死1、3塁の場面から宇佐見真吾選手の犠飛で1点を追加する。

 なおも打線は止まらない。3回表には万波選手の10号ソロ、上川畑大悟選手のスクイズ、宇佐見選手の2点適時打で4点を奪い、スコアを7対1として阪神を突き放した。

 大きな援護を受けた先発・上沢直之投手は1回裏、1死3塁のピンチを招くが、後続を打ち取り無失点の立ち上がり。2回裏、4回裏に大山悠輔選手の2打席連続本塁打、6回裏の糸原健斗選手の適時打などで5点を失ったものの逆転は許さず。上沢投手は6回8安打4奪三振2四球5失点の内容でリリーフ陣に後を託した。

 北海道日本ハムは7回裏を石川直也投手が無失点でつなぐ。しかし8回裏、堀瑞輝投手が大山選手に今日3本目となる12号ソロで1点差に迫られると、その後1死満塁のピンチを招き、山本泰寛選手に適時打を浴びたところで試合は振り出しに。なおも満塁から島田海吏選手に押し出し四球を与えると、代わった玉井大翔投手も近本光司選手に適時打を浴び、2点ビハインドで最終回に突入する。

 9回表は淺間選手のセーフティバント、野村佑希選手の安打で1死1、2塁の好機をつくるが、清宮選手、松本剛選手が倒れ7対9で試合終了。

 敗れた北海道日本ハムは万波選手が本塁打を含む3安打と大暴れ。また先発野手全員安打を放つなど16安打7得点を挙げるも投手陣がリードを守り切れなかった。

  123456789 計
日 214000000 7
神 01011204X 9

日 上沢直之-石川直也-●堀瑞輝‐玉井大翔
神 ウィルカーソン-藤浪晋太郎-岩貞祐太‐加治屋蓮‐○渡邉雄大‐S岩崎優

文・鈴木竜雅

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】万波中正のタイムリー2ベースヒットで先制に成功
【動画】万波中正 左中間への10号ソロホームラン
【動画】宇佐見真吾 エンドランで追加点を挙げる
思い出多い“パテレ”の現場へ!【谷口雄也が綴る、Fビレッジ・カウントダウン】

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM