サイトリニューアルのため、2022年7月8日(金)10:00~2022年7月12日(火)12:00にてメンテナンスを実施します。該当期間のライブ配信に関しては、ご不便をおかけしますがパーソル パ・リーグTVにてご視聴ください。(https://tv.pacificleague.jp/)

佐藤隼輔が6回途中無失点。山川穂高に先制弾が生まれた埼玉西武が接戦を制す

2022.5.31(火) 21:23 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・佐藤隼輔投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・佐藤隼輔投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月31日、甲子園で行われた阪神と埼玉西武の「日本生命セ・パ交流戦2022」第1回戦は、2対0で埼玉西武が勝利を収めた。

 埼玉西武は2回表、4番・山川穂高選手が左翼席へ17号ソロをたたき込み、1点を先制する。一方の先発・佐藤隼輔投手は、5回裏まで阪神打線をわずか1安打に抑えるピッチングを披露。スコアを1対0としたまま試合は折り返した。

 佐藤投手は6回裏、中野拓夢選手、佐藤輝明選手に安打を浴び、2死1、3塁のピンチを背負ったところで降板。この場面でマウンドに上がった水上由伸投手は、糸井嘉男選手を投ゴロに打ち取り、無失点でしのいだ。

 1点リードの打線は8回表、2番・若林楽人選手が内野安打をもぎ取るなど2死1、2塁のチャンスをつくると、5番・森友哉選手が適時打を放ち、貴重な1点を追加。8回裏を平良海馬投手が無失点で抑え、9回裏は増田達至投手がマウンドへ。糸原健斗選手に安打を許すも後続を断ち、2対0で試合終了。

 埼玉西武は、山川選手の「12球団本拠地本塁打」を達成する一発で先制に成功。先発の佐藤投手は5.2回107球3安打3四死球4奪三振無失点と粘投すると、救援陣も無失点でつなぎ、阪神との接戦をものにした。

  123456789 計
西 010000010 2
神 000000000 0

西 ○佐藤隼輔-水上由伸-平良海馬-S増田達至
神 ●西勇輝-岩貞祐太-加治屋蓮-藤浪晋太郎

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】若林楽人 復帰後即安打を放つ
【動画】山川穂高 12球団本拠地制覇弾!
【動画】先発・佐藤隼輔が好投を披露
【動画】森友哉 貴重な追加点を挙げる

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM