中盤に大量得点の福岡ソフトバンクが快勝。好救援の松本裕樹が今季初白星

2022.5.25(水) 21:28 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・松本裕樹投手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・松本裕樹投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月25日、横浜スタジアムで行われた横浜DeNAと福岡ソフトバンクの「日本生命セ・パ交流戦2022」第2回戦は、8対2で福岡ソフトバンクが勝利した。

 福岡ソフトバンクは初回、1番・三森大貴選手が初球を二塁打として出塁。続く川瀬晃選手も1球で犠打を決め、試合開始からわずか2球で先制機を演出する。すると1死3塁から柳田悠岐選手が犠飛できっちりと役割を果たし、前日に続いて初回に得点を奪った。

 頼もしい援護をもらって先発マウンドに上がったのは、東浜巨投手。自身3連勝中と好調だったが、この日は2回裏に左足に打球を受けるアクシデントの影響もあり、同点打を浴びた3回裏を投げ切ったところで降板した。

 4回表、牧原大成選手の適時二塁打で1点を勝ち越すが、4回裏には松本裕樹投手が牧秀悟選手に11号ソロを浴び再び同点に。一進一退の攻防が続く中、5回表に1死満塁の好機を演出すると、グラシアル選手、柳町達選手の適時打などで一気に6点を奪取した。

 8回裏から登板した板東湧梧投手は、1死から安打こそ許すも、3奪三振の好救援を披露。9回表には、7回の守備から今季初の一軍出場を果たした周東佑京選手が自慢の快速を見せつける二塁打を放った。9回裏を同じく今季初登板の高橋礼投手が3人で締め、8対2で試合終了。

 福岡ソフトバンクは、東浜投手が今季最短となる3回3安打1失点。連続無失点は23イニングでストップした。2番手で登板し、4回1失点と好投した松本投手が今季初勝利を挙げている。打線では、先制犠飛など2打点を挙げた柳田選手が8試合連続で打点を記録した。

  123456789 計
ソ 100160000 8
デ 001100000 2

ソ 東浜巨-○松本裕樹-板東湧梧-高橋礼
デ ●ロメロ-砂田毅樹-宮國椋丞-三上朋也

文・吉村穂乃香

関連リンク

試合詳細はこちら
松本裕樹 選手名鑑
柳田悠岐の成績をチェック
年々顔ぶれが変わる韋駄天最前線 内野安打一塁到達時間 TOP5
パ・リーグ6球団マスコットグッズ特集2022

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM