【ファーム】鈴木翔天が6回10Kの快投! 打線も16安打の東北楽天が勝利

2022.5.5(木) 16:02 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・鈴木翔天投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・鈴木翔天投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月5日、楽天生命パーク宮城にて行われた東北楽天と埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦、第6回戦は7対0で東北楽天が勝利した。

 東北楽天の先発・鈴木翔天投手は初回、先頭に四球を許して1死1、2塁のピンチを招いたが、無失点で切り抜ける。すると以降は2回表に3者連続三振など、相手打線から10三振を奪う快投。6回2安打2四球無失点でマウンドを降りた。

 打線は2回裏、マーキ選手と堀内謙伍選手の安打で1死2、3塁のチャンスをつくり、8番・吉野創士選手の内野ゴロの間に1点を先制。4回裏には1死満塁から1番・武藤敦貴選手の適時打で追加点を挙げる。2点差で迎えた6回裏にも澤野聖悠選手と横尾俊建選手の適時二塁打が生まれ、一挙3得点。鈴木翔投手の好投に応え、5点のリードを奪った。

 7回からは継投策へ。7回表を渡邊佑樹投手が3人で終えると、7回裏に堀内選手の適時打でダメ押しの2点を追加。7対0で迎えた8回表を酒居知史投手、9回表は森原康平投手が締め、試合終了。

 勝利した東北楽天は先発の鈴木翔投手が6回10奪三振無失点の快投。打線もこれに応え、武藤選手と堀内選手が3安打を放つなど、16安打7得点を挙げた。一方敗れた埼玉西武は、先発・渡邉勇太朗投手が6回途中13安打5失点と振るわず。打線も相手投手陣に2安打に抑えられ、援護できなかった。

  123456789 計
西 000000000 0
楽 01010320X 7

西 ●渡邉勇太朗-田村伊知郎-赤上優人
楽 ○鈴木翔天-渡邊佑樹-酒居知史-森原康平

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

【動画】4連打!武藤敦貴がタイムリー!
【動画】澤野聖悠 レフトの頭上を越えるタイムリーツーベース
【動画】堀内謙伍 本日3安打目は2点タイムリー!
【動画】鈴木翔天 2桁奪三振の好投!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM