高橋光成が8回0封で2勝目! 山川穂高に一発が出た埼玉西武が3連勝で3位に浮上

2022.4.22(金) 20:50 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・高橋光成投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・高橋光成投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月22日、ベルーナドームで行われた埼玉西武と東北楽天の第3回戦は、3対0で埼玉西武が勝利。チームは3連勝を飾り、単独3位に浮上した。

 埼玉西武先発の高橋光成投手は、4回表まで毎イニング走者を出すも、安定した投球で0を並べ、援護を受けた直後の5回表は3者凡退に抑える投球。6回表、7回表はともに先頭打者に出塁を許すが、後続を仕留めて得点を許さない。8回表には得点圏に走者を背負ったが、ここも無失点で切り抜けてマウンドを降りた。

 一方の打線は、東北楽天先発の早川隆久投手から好機をつくるも、3回まで得点を挙げられず。しかし中盤4回裏、山川穂高選手が「いや〜、どうかな〜、と思ったんですが、(スタンドに)入ってくれたので良かったです。少し上がりすぎたかな、と思ったんですけどね。うれしいです!」と語る5号ソロを放ち、先制に成功する。

 追加点がほしい終盤8回裏には、先頭の金子侑司選手の安打、外崎修汰選手、オグレディ選手の四球で満塁の好機をつくると、山川選手の押し出し死球、山田遥楓選手の適時打でスコアは3対0に。9回表は平良海馬投手が上位打線を3者凡退で抑え、3対0で試合終了。

 勝利した埼玉西武は、高橋光成投手が8回4安打3四球3奪三振無失点で2勝目をマーク。落ち着いて要所を締め、決定打を許さなかった。打線は山川選手の1発で試合の流れを呼び込むと、柘植世那選手、源田壮亮選手も好守備を見せて、高橋光成投手を盛り立てた。

 一方敗れた東北楽天は、早川投手が7回4安打7奪三振1四球1失点と、登板間隔が空いたマウンドで好投を披露。しかし、打線が高橋光成投手を捉えきることができず、4安打無得点に終わった。

  123456789 計
楽 000000000 0
西 00010002X 3

楽 ●早川隆久-西口直人-津留崎大成
西 ○高橋光成-S平良海馬

文・鈴木優菜

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】山川穂高の第5号ソロ
【動画】柘植世那が好送球で盗塁を阻止

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM