浅村栄斗の今季初アーチで東北楽天が勝利! 岸孝之は7回3安打0封の好投

2022.4.20(水) 20:51 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・浅村栄斗選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・浅村栄斗選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月20日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と北海道日本ハムの第5回戦は、4対2で東北楽天が勝利した。

 東北楽天は初回、1番・西川遥輝選手の安打などで1死3塁とすると、3番・浅村栄斗選手の1号2ランで幸先よく2点を先制する。

 初回から援護をもらった先発の岸孝之投手は、2回表から4イニング連続で3者凡退に切るなど、テンポの良い投球で北海道日本ハム打線を寄せ付けない。すると打線は5回裏、無死1塁から西川選手が適時三塁打を放ち、1点を追加。さらに、1死3塁の好機で浅村選手に犠飛が生まれ、点差を4点に広げた。

 岸投手は7回表、四球と安打で1死1、2塁のピンチを招いたが、後続を打ち取り、7回3安打1四球6奪三振無失点で降板。8回表をブセニッツ投手が3人で抑えるも、最終9回表に西口直人投手が石井一成選手に2点適時三塁打を浴びる。2死3塁の場面で登板した松井裕樹投手は空振り三振を奪い、4対2で試合終了。

 勝利した東北楽天は、岸投手が7回3安打無失点の好投で今季2勝目をマーク。打っては、西川選手が2安打1打点1盗塁、浅村選手は待望の今季初本塁打を放つなど、2安打3打点の活躍を見せた。

 一方敗れた北海道日本ハムは、来日初登板となった先発・ポンセ投手が5回8安打1本塁打2四球4奪三振4失点と苦戦。打線は最終9回表に、石井選手の2点適時三塁打で追い上げたものの、後続が断たれ、4連勝とはならなかった。

  123456789 計
日 000000002 2
楽 20002000X 4

日 ●ポンセ-杉浦稔大-吉田輝星-西村天裕
楽 ○岸孝之-ブセニッツ-西口直人-S松井裕樹

文・高橋優奈

関連リンク

試合詳細/動画はこちら
【動画】浅村栄斗 待望の一発は先制2ラン!
【動画】岸孝之が見逃し三振を奪う
【動画】西川遥輝のタイムリースリーベース!
【二軍試合結果】藤井聖が6回2失点

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM