【ファーム】千葉ロッテが5点差をひっくり返す! 茶谷健太は2安打1打点

2022.4.14(木) 16:46 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・茶谷健太選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・茶谷健太選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月14日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテ対巨人のイースタンリーグ公式戦、第3回戦は6対5で千葉ロッテが勝利した。

 千葉ロッテ先発の本前郁也投手は初回、先頭を四球で歩かせると、菊田拡和選手、岸田行倫選手に適時打を浴び、2点の先制を許す。2回表には、北村拓己選手に1号2ラン、ウレーニャ選手に3号ソロを浴び、0対5と突き放された。しかし、3回以降は4イニング連続で3者凡退に抑える完璧な投球を披露。6回を投げ、112球7安打2四球5奪三振5失点の投球内容だった。

 追いかける打線は2回裏、6番・田村龍弘選手の安打と2四球で2死満塁とすると、ペラルタ選手が右中間を深々と破る走者一掃の適時三塁打を放ち、2点差に詰め寄る。6回裏には、先頭の2番・西巻賢二選手が四球を選ぶと、2死から5番・茶谷健太選手がセンターへ適時打を放ち、4対5と1点差に。

 徐々に追い上げる千葉ロッテは8回裏、1死から途中出場の3番・柿沼友哉選手に1号ソロが生まれ、同点に追い付く。さらに2死から安打と2四球で満塁と、一打逆転の好機をつくると、小川龍成選手が四球を選び、6対5と勝ち越しに成功。最大5点差から逆転を果たした。

 後を託された救援陣は、7回表を山本大貴投手、8回表を成田翔投手が無失点でつなぐ。9回表は土居豪人投手が巨人の上位打線を3者凡退に打ち取り、6対5で試合終了。

 勝利した千葉ロッテは、要所で打線がつながり5点差をひっくり返す逆転勝利。茶谷選手が2安打を放つなど、好調さをアピールしている。また、投手陣は3回以降巨人打線をわずか1安打に封じ、逆転勝利につなげた。

  123456789 計
巨 230000000 5
ロ 03000102X 6

巨 井納翔一-横川凱-笠島尚樹-大江竜聖-●戸根千明-堀岡隼人
ロ 本前郁也-山本大貴-○成田翔-S土居豪人

文・谷島弘紀

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

ハイライト動画はこちら
【動画】柿沼友哉の値千金の同点アーチ!
【動画】ペラルタ走者一掃の適時三塁打
【動画】茶谷健太 1点差につ詰め寄るタイムリー
【ウィークリーファーム2022 #4】二軍の注目シーンをお届け!

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM