近藤健介は5年連続の打率3割超えなるか?「ABEMA バズ!パ・リーグ」でランキングをチェック! 2021 #25

2021.10.19(火) 12:00 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・近藤健介選手©AbemaTV, Inc.
北海道日本ハムファイターズ・近藤健介選手©AbemaTV, Inc.

 ABEMA TVのABEMA/newsチャンネルで毎週金曜日23時から放送されている「ABEMA バズ!パ・リーグ」。この番組では毎回ゲストを招き、「パーソル パ・リーグTV」で再生回数が多かった動画や、パ・リーグにまつわるニュースを紹介している。今回のゲストは千葉ロッテでプレーした、元プロ野球選手の里崎智也さん。

週刊パ・リーグTVランキング!

1位 "打率3割目前" 近藤健介の冴え渡る打撃
2位 "強くしなやかで華やかな守備" パンテーラに夢中
3位 牧原大成 ポール直撃のホームラン
4位 鈴木大地 2年ぶりの2桁本塁打
5位 源田壮亮 "守備範囲が限界突破"

 5位には『源田壮亮 "守備範囲が限界突破"』がランクイン。10月7日の福岡ソフトバンク戦で源田壮亮選手がセンターに抜けそうな打球を華麗にさばく巧みな守備を披露。里崎さんは「これは源田だからアウトにできた。高度な技だけど、源田がやると簡単に見える。そこが源田のすごさ」と称賛した。

 1位には『"打率3割目前 "近藤健介の冴え渡る打撃』がランクイン。北海道日本ハムの近藤健介選手が、後半戦に入ってからますます調子を上げている。里崎さんは二塁打が多いことについて「広い札幌ドームでは、二塁打を増やしていくことがチームの得点にプラスになっていく」とコメント。5年連続の打率3割超えに期待を寄せた。

10月9日の福岡ソフトバンク対オリックスの6回表のプレー©AbemaTV, Inc.
10月9日の福岡ソフトバンク対オリックスの6回表のプレー©AbemaTV, Inc.

 また番組の後半では、里崎さんが「防げた!・防いだ!」をキーワードに、2つのプレーを解説。“防げた”プレーとして、10月9日の福岡ソフトバンク対オリックスの6回表のワンシーンをピックアップした。1塁走者の挟殺プレーの間に3塁走者が本塁に生還したことに対し、「ボールカウント、1塁走者のスタートの遅さでおや?と思わなきゃいけない。これは得点を防げたプレー」と強肩の甲斐選手だからこそ意識すべきことを指摘した。
 
 本番組の詳しい内容はABEMAビデオ内でチェック。過去の放送分も配信しているので、あわせてご覧いただきたい。次週は、トータルテンボスの藤田憲右さんをゲストとしてお迎えする。

文・下村琴葉

ABEMAバズ!パ・リーグ #25(ゲスト里崎智也):
https://abema.tv/video/episode/89-109_s26_p176

◆過去放送の振り返り記事はこちらから
ABEMAバズ!パ・リーグ

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM