埼玉西武・今井達也が9回1失点完投でキャリアハイの8勝目! 山川穂高は21号3ラン

2021.10.15(金) 20:32 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・今井達也投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・今井達也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月15日、楽天生命パーク宮城で行われた東北楽天と埼玉西武の第23回戦は、5対1で埼玉西武が勝利した。

 埼玉西武は2回表、4番・中村剛也選手と5番・山川穂高選手の連打で無死1、2塁とすると、続く6番・川越誠司選手の打球が敵失を誘い、その間に先制に成功。続く3回表には、2番・外崎修汰選手と3番・森友哉選手の連打で再び好機を演出すると、中村選手が手堅く犠飛を放ち、1点を追加する。

 8回表には山川選手が21号3ランを放つなど、頼もしい援護を受けた先発・今井達也投手は、初回から3回まで毎回走者を背負いながらも無失点に抑える。4回裏に、4番・島内宏明選手の20号ソロで1点を失うも、大きく崩れることなく、8回まで東北楽天打線を4安打に抑え込む。

 迎えた最終9回裏も今井投手がマウンドに上がると、危なげない投球で締めて試合終了。5対1で勝利した埼玉西武は、今井投手が9回127球4安打4四球1失点で完投勝利。一方の敗れた東北楽天は、先発・瀧中瞭太投手が7回5安打2失点(自責点1)の力投を見せるも、打線がわずか4安打1得点にとどまり、悔しい敗戦となった。なお、島内選手が球団初の生え抜き初の20号本塁打を達成している。

  123456789 計
西 011000030 5
楽 000100000 1

西 ○今井達也
楽 ●瀧中瞭太-森原康平-ブセニッツ

文・後藤万結子

関連リンク

ハイライト動画/ヒーローインタビューはこちら
【動画】今井達也投手の投球をチェック
【動画】山川穂高選手の21号3ラン
【動画】球団生え抜き初の20号!島内宏明選手の本塁打

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM