瀧中瞭太が6回無失点の好投で9勝目! 岡島豪郎が2打点を挙げた東北楽天が勝利

2021.10.6(水) 21:47 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・岡島豪郎選手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・岡島豪郎選手(C)パーソル パ・リーグTV

 10月6日、PayPayドームで行われた福岡ソフトバンクと東北楽天の第21回戦は、5対0で東北楽天が勝利。4位・福岡ソフトバンクとのゲーム差を「4」に広げた。

 東北楽天は初回、2死から3番・浅村栄斗選手が二塁打で出塁すると、続く4番・島内宏明選手が適時打を放ち、先制に成功。しかし以降は、相手先発・マルティネス投手の前に得点圏に走者を置く場面がありながらも、決定打に欠け、追加点を奪うことができない。

 しかし7回表、9番・炭谷銀仁朗選手と1番・山崎剛選手の連打などでマルティネス投手から2死1、2塁の好機を演出すると、2番・岡島豪郎選手に適時二塁打が生まれ、リードを3点に広げる。打った岡島選手は「打てて良かったです。チームが勝てるように頑張ります」と淡々と振り返った。

 援護を受けた先発・瀧中瞭太投手は、初回から走者を背負うと、4回裏には1死満塁のピンチを招くなど苦しい場面もあったが、粘り強い投球で切り抜け、6回6安打無失点で降板。7回裏は、2番手・安樂智大投手が無失点でつなぐと、8回表には茂木栄五郎選手の適時三塁打と1番・山崎剛選手の犠飛で2点を追加する。5点リードで迎えた8回裏は、西口直人投手が3者凡退に打ち取ると、最終9回裏は森原康平投手が3者凡退に抑えて試合終了。

 勝利した東北楽天は、瀧中投手が6回6安打1四球無失点の好投で今季9勝目をマーク。後を受けた救援陣も無安打投球でリードを守った。打線は、初回以降なかなか好機をものにすることができなかったが、7回表につながりを見せ、勝利を引き寄せた。一方、敗れた福岡ソフトバンクは、マルティネス投手が7回途中9安打1四球11奪三振3失点と粘りを見せるも、打線が6安打無得点に終わった。

  123456789 計
楽 100000220 5
ソ 000000000 0

楽 ○瀧中瞭太-安樂智大-西口直人-森原康平
ソ ●マルティネス-板東湧梧-嘉弥真新也-モイネロ-田中正義-大関友久

文・後藤万結子

関連リンク

ハイライト動画はこちら
【動画】岡島豪郎選手の2点タイムリー
【動画】瀧中瞭太投手の投球をチェック
【動画】浅村栄斗選手、山崎剛選手の華麗なダブルプレー
【動画】今宮健太選手 逆シングルの好プレー

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM