宗佑磨が勝ち越し打を含む猛打賞! 10安打6得点でオリックスがカード勝ち越し

2021.8.29(日) 16:38 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・宗佑磨選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・宗佑磨選手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月29日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと福岡ソフトバンクの第17回戦は、6対3でオリックスが勝利。2勝1分でカード勝ち越しを決めた。

 オリックスの先発・スパークマン投手は、初回を3者凡退に抑える上々の立ち上がりを披露。しかし3回表、2番・牧原大成選手の安打などで1死1、3塁とされると、続く柳田悠岐選手の内野ゴロの間に1失点。5回表にはアルバレス選手に来日初本塁打を許し、5回5安打2四球4奪三振無失点の内容で降板した。

 打線は4回裏、福岡ソフトバンクの先発・和田毅投手から敵失、宗佑磨選手の安打などで1死1、2塁とすると、4番・杉本裕太郎選手の適時打で同点に。さらにジョーンズ選手も適時打で続き、2対1と勝ち越しに成功する。

 以降は6回表を富山凌雅投手と比嘉幹貴投手、7回表をバルガス投手が無失点でつなぐと、7回裏に打線が爆発。山足達也選手のセーフティーバント、福田周平選手の安打などで1、3塁から、宗選手の適時打で勝ち越しに成功。なおも、吉田正尚選手に2点適時二塁打、杉本選手に適時三塁打が生まれ、6対2とリードを広げた。

 続く8回表、回跨ぎで登板したバルガス投手が栗原陵矢選手の13号ソロで1点を失ったが、リードは変わらず。9回表は守護神・平野佳寿投手が無失点で締めくくり、6対3でオリックスが勝利。宗選手が勝ち越し打を含む猛打賞で好調をアピール、バルガス投手は来日初勝利を挙げた。

 一方敗れた福岡ソフトバンクは、先発・和田投手が4.2回5安打4奪三振2失点(自責1)の粘投。打線は一時同点に追い付くも、リリーフ陣が打ち込まれた。

  123456789 計
ソ 001010010 3
オ 00020040X 6

ソ 和田毅-渡邉雄大-●C.スチュワート・ジュニア-嘉弥真新也-津森宥紀-松本裕樹
オ スパークマン-富山凌雅-比嘉幹貴- ○バルガス-S平野佳寿

文・山本理絵

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!8月31日までパ主催試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/service/

関連リンク

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーンの登録はこちら
動画/ヒーローインタビューはこちら
宗佑磨選手のタイムリーを動画で
来日初勝利!バルガス投手の名鑑はこちら
杉本裕太郎選手の動画/記事/成績をチェック

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM