先発・岸孝之が8回途中1安打無失点と圧巻の投球! オコエ瑠偉に適時打も生まれた楽天が勝利

2021.8.13(金) 21:24 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・岸孝之投手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月13日、メットライフドームで行われた埼玉西武と楽天の第13回戦は、5対0で楽天が勝した。

 楽天は2回表、先頭の茂木栄五郎選手の二塁打で無死二塁の好機をつくると、2年ぶりのスタメン出場となったオコエ瑠偉選手が適時打を放ち、先制に成功。さらに5回表、9番・辰己涼介選手の二塁打、2四球から1死満塁に。ここで3番・浅村栄斗選手が2点適時打を放ち、楽天が前半で3点のリードを奪った。

 後半戦の開幕投手を任命されたのは岸孝之投手。緩急をつけた巧みな投球で埼玉西武打線を翻弄し、7回まで無安打に抑えていた。すると直後の8回表、安打と四球で1死2,3塁とすると、9番・辰己選手の適時打、続く小深田大翔選手がスクイズを決めて2点を追加。打線が岸投手の好投を盛り立てる。

 無安打投球を続けたまま8回裏も岸投手がマウンドに向かう。先頭の7番・呉念庭選手を右飛に抑えノーヒットノーランまであとアウト5つまで来ていたが、続く愛斗選手に右前へ安打を浴びたところで降板。岸投手は8回途中113球1安打10奪三振3四球無失点と圧巻の投球内容で、マウンドをリリーフ陣に任せた。

 8回途中からは安樂智大投手、9回裏は酒居知史投手が登板し無失点で抑え、5対0で試合終了。勝利した楽天は先発・岸投手が8回途中1安打無失点と圧巻の投球を披露。打線も2年ぶりにスタメン復帰のオコエ選手が適時打を放つなど、13安打5得点を挙げた。一方敗れた埼玉西武は、打線が1安打無得点に抑えられ沈黙。後半戦は黒星スタートとなった。

  123456789 計
楽 010020020 5
西 000000000 0

楽 ○岸孝之-安樂智大-酒居知史
西 ●松本航-武隈祥太-平井克典-水上由伸-十亀剣-ダーモディ-森脇亮介

文・巴 寛道

◇パーソル パ・リーグTV無料視聴キャンペーン実施中!8月31日までパ主催試合が見放題!
https://tv.pacificleague.jp/page/service/

関連リンク

「パーソル パ・リーグTV」無料視聴キャンペーンの登録はこちら
岸孝之投手の動画/記事/成績をチェック
オコエ瑠偉選手のタイムリーを動画で

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM