【ファーム】大田泰示が決勝アーチ。6本塁打の空中戦を北海道日本ハムが制す

2021.8.3(火) 16:51 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・大田泰示選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・大田泰示選手(C)パーソル パ・リーグTV

 8月3日、ファイターズ鎌ケ谷スタジアムで行われた、北海道日本ハム対埼玉西武のイースタン・リーグ公式戦第14回戦は、6対5で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムの先発は金子弌大投手。初回に2死から味方のエラーで出塁を許すが、4番・渡部健人選手から三振を奪い、無失点の立ち上がり。しかし2回表、2死から7番・高木渉選手に6号ソロを浴び、先制点を与えてしまう。

 一方の打線は3回裏、エラーと四球で2アウト1、3塁のチャンスをつくると、3番・野村佑希選手のレフトスタンドに飛び込む3号3ランで逆転する。ところが4回表、金子投手は先頭の3番・木村文紀選手にライトへの10号ソロを浴びて1点差とされると、6回表には2番手・高山優希投手が1死1塁からまたしても木村選手に11号となる2ランを被弾。2打席連続の本塁打で逆転を許した。

 打線も直後の6回裏、2本のヒットに暴投が絡んで2死2、3塁のチャンスを迎えると、7番・今川優馬選手の2点適時打ですぐさまリードを奪い返す。だが7回表、先頭のブランドン選手のライトへの7号ソロで同点に。試合は一進一退の攻防を繰り返して最終盤へ突入する。

 空中戦にけりをつけたのはやはりホームランだった。8回裏、1死走者なしの場面で5番・大田泰示選手が3号ソロ。勝ち越しに成功すると、9回表は鈴木健矢投手が3者凡退に抑えてゲームセット。北海道日本ハムが打ち合いを制した。

 北海道日本ハムは野村選手と大田選手がホームランを含むマルチ安打で勝利に貢献。9回を締めた鈴木健投手の好投も光った。敗れた埼玉西武は木村選手の2打席連発を含む4本塁打で追いすがったが、全体ではつながりを欠いた。

  123456789 計
西 010102100 5
日 00300201X 6

西 佐々木健-伊藤翔-●増田達至
日 金子弌大-高山優希-○谷川昌希-S鈴木健矢

文・森裕晃

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

ファーム注目シーンはこちらから
本日決勝アーチ!大田泰示選手をチェック
好投を見せた鈴木健矢投手の動画はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM