サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

【ファーム】レアードが逆転2ラン! 菅野剛士も猛打賞の活躍を見せた千葉ロッテが勝利

2021.7.28(水) 16:43 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・レアード選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・レアード選手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月28日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと巨人のイースタン・リーグ公式戦第13回戦は、7対3で千葉ロッテが逆転勝利を収めた。

 千葉ロッテの先発・森遼大朗投手は初回、1番・立岡宗一郎選手に4号ソロを浴びると、2死1塁から5番・陽岱鋼選手に適時二塁打を許し、2点を先行される。5回表には、無死1塁から2番・重信慎之介選手に適時二塁打を浴び、5回8安打2四球2奪三振3失点で降板した。

 一方の打線は4回裏、先頭の5番・菅野剛士選手が左翼席へ2号ソロを運ぶ。再び2点差で迎えた5回裏には、9番・平沢大河選手、2番・三木亮選手の安打などで1死1、3塁の好機を得ると、3番・角中勝也選手の内野ゴロの間に三塁走者が生還。続くレアード選手には3号2ランが生まれ、千葉ロッテが逆転に成功する。

 さらに6回裏、1死2塁から平沢選手の適時三塁打で1点を追加すると、なおも1死3塁のチャンスで1番・福田光輝選手がセンターへ犠飛を放ち、点差を3点に広げる。7回裏には、1死1、3塁から6番・茶谷健太選手の内野ゴロの間に1点を挙げ、スコアは7対3に。

 4点リードの9回表は、小沼健太投手が走者を背負いながらも無失点に抑え、7対3で試合終了。千葉ロッテは、先発の森投手が立ち上がりから失点するも、レアード選手の2ランで逆転に成功。菅野選手は2号ソロを含む3安打1打点と躍動した。

  123456789 計
巨 200010000 3
ロ 00013210X 7

巨 ●井納翔一-平井快青-山崎友輔
ロ ○森遼大朗-南昌輝-国吉佑樹-東條大樹-小沼健太

文・高橋優奈

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

逆転2ラン!レアード選手の選手名鑑はこちら
猛打賞の活躍を見せた菅野剛士選手の直近の成績をチェック

関連チーム記事/TEAM