サムネイル表示の不具合が一部発生しております。動画再生は可能ですので、是非お楽しみください。

【ファーム】周東佑京が3安打2打点の活躍。リリーフ陣が崩れ福岡ソフトバンクが惜敗

2021.7.27(火) 22:37 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・周東佑京選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・周東佑京選手(C)パーソル パ・リーグTV

 7月27日、タマホームスタジアム筑後で行われた福岡ソフトバンクと阪神のウエスタン・リーグ公式戦第20回戦は、4対5で福岡ソフトバンクが敗戦。

 福岡ソフトバンクの先発・重田倫明投手は初回、1番・江越大賀選手に二塁打を許すと、続く小幡竜平選手に適時二塁打を浴びて1点を先制される。3回表には2死3塁から暴投で1点を献上。スコアを0対2とされる。

 2点を追う福岡ソフトバンク打線は、5回裏に反撃の口火を切った。8番・笹川吉康選手、9番・小林珠維選手の連打で1死2、3塁と好機を演出すると、1番・周東佑京選手が同点の適時打を放ち2対2と試合を振り出しに戻す。さらに2つの四球を得て2死満塁とし、5番・水谷瞬選手の押し出し四球で3対2と勝ち越しに成功した。

 重田投手は5回2失点で降板し、6回表のマウンドには古谷優人投手が登板。この回はクリーンナップを3者凡退に抑えるも、7回表に榮枝裕貴選手の適時二塁打を浴び、同点に追い付かれる。さらに8回表には、3番手・尾形崇斗投手が陽川尚将選手の適時二塁打で勝ち越され、1点を追う展開に。

 直後の8回裏、福岡ソフトバンクは野選で1点を挙げ、同点となり試合は延長戦へ。しかし、延長10回表に登板した高橋純平投手が井上広大選手に勝ち越しの適時二塁打を浴び、スコアを4対5とされる。逆転を狙う福岡ソフトバンクであったが、最終回は3者凡退に終わり試合終了。

 福岡ソフトバンクは、先発の重田倫明投手が5回81球4安打5奪三振1四球2失点と粘りの投球を見せたが、リリーフ陣が失点を重ねて接戦を落とした。打線は周東選手が3安打2打点の活躍を見せ、笹川選手、伊藤大将選手がウエスタン・リーグ初安打を記録した。

  12345678910 計
神 1010001101 5
ソ 0000300100 4

神 西純矢-加治屋蓮-守屋功輝-尾仲祐哉-○浜地真澄-S小野泰己
ソ 重田倫明-古谷優人-尾形崇斗-●高橋純平-渡邉雄大

文・下村琴葉

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

奮闘する選手たちを動画でチェック!ファーム注目シーン
3安打2打点の活躍!周東佑京選手をチェック
重田倫明投手の名鑑はこちら

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM