今井達也が7回2失点で5勝目。序盤に猛攻を見せた埼玉西武が連敗ストップ

パ・リーグ インサイト

2021.6.19(土) 17:15

埼玉西武ライオンズ・今井達也投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・今井達也投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月19日、メットライフドームで行われた埼玉西武と千葉ロッテの第11回戦は、7対2で埼玉西武が勝利。10安打で7得点を挙げ、連敗を止めた。

 埼玉西武は初回、源田壮亮選手が安打で出塁すると、森友哉選手の9号2ランで先制に成功。なおも山川穂高選手の四球、栗山巧選手の安打で好機をつくり、スパンジェンバーグ選手の適時打や敵失策などで4点を追加。序盤から6点のリードを得る。

 初回から大量援護を受けた埼玉西武の先発・今井達也投手は、序盤こそ制球に苦しむも、3回以降は3イニング連続で3者凡退に抑えるなど、千葉ロッテ打線に付け入る隙を与えず。6回表には、二塁打で出塁を許した走者が自らの暴投の間に本塁に生還し、1点を失うと、続く7回表には高部瑛斗選手の適時打で1点を献上するも、リードは譲らず7回4安打4四球2失点でマウンドを降りた。

 8回表は十亀剣投手が3者凡退に打ち取ると、8回裏に源田選手の適時打で1点を追加。5点リードで迎えた最終9回表は渡邉勇太朗投手が無失点で締めて試合終了。埼玉西武は今井投手は5勝目をマーク。源田選手が3安打、栗山選手、スパンジェンバーグ選手は2安打を放った。

 敗れた千葉ロッテは、先発した中村稔弥投手が4回7安打1四球6失点(自責点2)の内容。打線は5安打2得点、守備では4失策と精彩を欠いた。

  123456789 計
ロ 000001100 2
西 60000001X 7

ロ ●中村稔弥-フローレス-成田翔-横山陸人
西 ○今井達也-十亀剣-渡邉勇太朗

文・東海林諒平

関連リンク

6/19 ホークス対ファイターズ結果

この記事をシェア

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE