福田周平が勝ち越しタイムリーも、9回表に追い付かれオリックス対巨人は引き分けに

2021.6.8(火) 21:52 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ・福田周平選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ・福田周平選手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月8日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと巨人の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第1回戦は、3対3で引き分けに終わった。

 オリックスの先発は山岡泰輔投手。初回、松原聖弥選手に先頭打者本塁打を浴びたが、以降は安定した投球を披露。5回表にもウィーラー選手の適時打で1点を失うも、それ以外の得点は許さず、7回111球7安打1四球12奪三振2失点の好投でマウンドを降りた。

 一方の打線は再三の好機をつくるも、巨人先発・今村信貴投手を前にあと一本が出ず。投手が代わった6回裏、7回裏の好機も無得点に終わったが、8回裏に1死1、3塁から、ジョーンズ選手の適時打、2死から代打・伏見寅威選手が適時打を放ち、試合は振り出しに。なおも2死1、3塁で福田周平選手に勝ち越し適時打が生まれ、3対2と逆転に成功した。

 しかし9回表、K-鈴木投手が先頭に二塁打を浴びると、2死から松原選手に同点適時三塁打を許し、土壇場で試合は振り出しに戻る。9回裏はビエイラ投手の前に3者凡退に終わり、3対3で試合終了。山岡投手は自己最多となる1試合12奪三振を記録。打線では、宗佑磨選手、安達了一選手が2安打をマークした。

  123456789 計
巨 100010001 3
オ 000000030 3

巨 今村信貴-畠世周-鍵谷陽平-大江竜聖-高梨雄平-中川皓太-桜井俊貴-戸根千明-ビエイラ
オ 山岡泰輔-漆原大晟-K-鈴木

文・成田理亮

関連リンク

6/8 ファイターズ対タイガース結果
6/8 イーグルス対ドラゴンズ結果
6/8 ライオンズ対ベイスターズ結果
6/8 マリーンズ対スワローズ結果
6/8 ホークス対カープ結果
【ファーム】6/8 イーグルス対ファイターズ結果
【ファーム】6/8 ライオンズ対スワローズ結果
【ファーム】6/8 ホークス対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM