上沢直之が7回2失点(自責点1)の好投も、最終回に勝ち越され北海道日本ハムが敗戦

2021.6.8(火) 22:30 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・上沢直之投手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・上沢直之投手(C)パーソル パ・リーグTV

 6月8日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと阪神の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第1回戦は、2対3で北海道日本ハムが敗戦。カード初戦をものにすることができなかった。

 北海道日本ハムの先発・上沢直之投手はその立ち上がり、先頭・近本光司選手の三塁打と2つの四球で無死満塁のピンチを招くと、味方の失策により1点を献上。さらに1死満塁から内野ゴロの間に三塁走者が生還し、初回から2点を失うも、以降は立ち直り、落ち着いた投球を披露。7回2安打3四球6奪三振2失点(自責1)で降板し、後続に託した。

 追う打線は3回裏、1番・淺間大基選手、2番・西川遥輝選手の連打や死球などで1死満塁の好機を得ると、4番・中田翔選手の内野ゴロの間に1点をかえす。その後はスコアボードに0が並ぶも、6回裏に再び試合が動く。先頭・渡邉諒選手の安打や四球などで2死1、3塁とすると、1番・淺間選手がフルカウントからセンター前へ適時打を放ち、試合を振り出しに戻す。

 同点のまま迎えた7回裏、8回裏は、ともに得点圏に走者を進めるも、あと一本が出ず、試合は2対2のまま最終回の攻防へ。最終9回表に登板した杉浦稔大投手だったが、先頭のサンズ選手に二塁打を浴びるなど2死2塁のピンチを背負うと、代打・原口文仁選手の適時二塁打で勝ち越しを許す。1点ビハインドで迎えた9回裏は、2死から高濱祐仁選手が安打で出塁するも、後続が打ち取られ2対3で試合終了。

 先発の上沢投手は序盤こそ制球に苦しんだが、その後は持ち直し7回2失点(自責1)の好投を披露。淺間選手は同点打を含む4安打の活躍を見せたが、最終回の杉浦投手が誤算だった。

  123456789 計
神 200000001 3
日 001001000 2

神 西勇輝-岩貞祐太-藤浪晋太郎-○馬場皐輔-Sスアレス
日 上沢直之-堀瑞輝-●杉浦稔大

文・高橋優奈

関連リンク

6/8 イーグルス対ドラゴンズ結果
6/8 ライオンズ対ベイスターズ結果
6/8 マリーンズ対スワローズ結果
6/8 バファローズ対ジャイアンツ結果
6/8 ホークス対カープ結果
【ファーム】6/8 イーグルス対ファイターズ結果
【ファーム】6/8 ライオンズ対スワローズ結果
【ファーム】6/8 ホークス対ドラゴンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM