愛斗が4打点、呉念庭が2安打2打点の活躍。投手陣が粘れず埼玉西武が敗戦

2021.5.30(日) 17:10 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・愛斗選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・愛斗選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月30日、メットライフドームで行われた埼玉西武と阪神の「日本生命セ・パ交流戦 2021」第3回戦は、8対9で埼玉西武が敗戦した。

 埼玉西武の先発・平井克典投手は2回表、糸井嘉男選手の3号2ランを浴び2点を先制される。しかし打線は直後の2回裏、1死1、2塁から愛斗選手のレフト5号3ランで逆転。愛斗選手は「平井さんが苦しみながらも懸命に投げてくれていましたので、援護したいという思いが強かったです。手応えは完璧でした。いつも初回の打席に入る前に中村さんにアドバイスをいただいていて、今日もそれが役に立ちました。中村さんに感謝です!」と振り返った。

 3回表には若林楽人選手のアクシデントも絡んで1点を失うが、3回裏に1死2塁から栗山巧選手、呉念庭選手の適時二塁打が生まれすぐさま2点を勝ち越し。しかし平井投手は4回表に連打を浴びるなど無死満塁として降板。代わった2番手・佐野泰雄投手も流れを止めきれず、2点を失い同点とされる。

 なおも2死2、3塁のピンチを抑えた與座海人投手だったが、続く5回表に梅野隆太郎選手に勝ち越しの1号2ランを被弾。なんとか食らい付きたい打線も4回以降は阪神の救援陣を捉えられず、7回表には十亀剣投手が2点を失い5対9とされてしまう。

 打線は7回裏、森友哉選手の二塁打を皮切りに1死1、3塁のチャンスをつかむと、呉選手の適時打で1点を返す。なおも1死満塁からスパンジェンバーグ選手の適時打、愛斗選手の犠飛で2点を追加し、1点差に。

 続く8回裏にも先頭の代打・メヒア選手が二塁打を放つなど1死1、3塁のチャンスをつくるが、あと一本が出ず。9回裏も無得点に終わり8対9で試合終了。埼玉西武は先発の平井克典投手が「たくさん点を取ってもらったのに申し訳ないです」と粘りきれず4回途中7安打5失点(自責点4)。打線は愛斗選手が一時逆転の5号3ラン含む4打点、呉念庭選手が2安打2打点と追いすがるも、中盤にかけての失点が重くのしかかった。

  123456789 計
神 021220200 9
西 032000300 8

神 村上頌樹-○及川雅貴-小林慶祐-馬場皐輔-岩貞祐太-岩崎優-Sスアレス
西 平井克典-佐野泰雄-●與座海人-武隈祥太-十亀剣-森脇亮介-ギャレット

文・丹羽海凪

関連リンク

5/30 イーグルス対ベイスターズ結果
5/30 バファローズ対スワローズ結果
5/30 ファイターズ対ドラゴンズ結果
5/30 マリーンズ対カープ結果
5/30 ホークス対ジャイアンツ結果
【ファーム】5/30 マリーンズ対スワローズ結果
【ファーム】5/30 ホークス対カープ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM