藤岡裕大がタイムリーも…… 序盤の失点が響き千葉ロッテが阪神に惜敗

2021.5.26(水) 20:40 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・藤岡裕大選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・藤岡裕大選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月26日、甲子園で行われた阪神と千葉ロッテの「日本生命セ・パ交流戦 2021」第2回戦は、3対2で千葉ロッテが敗戦した。

 千葉ロッテの先発・岩下大輝投手は3回裏、先頭に四球を与えるなどして1死2塁のピンチを背負うと、1番・近本光司選手にレフトへの二塁打を浴びて先制点を許す。さらに暴投で3塁へ進塁されたところからは犠飛で1点を失い、この回2点を奪われた。

 岩下投手は5回裏にも適時打を許すなど、要所で粘り切れず。千葉ロッテは6回裏からは継投に入り、プロ初登板の2番手・横山陸人投手が1イニングを無失点に抑えると、7回裏は小野郁投手が3人で打ち取った。

 3点を追いかける打線は、序盤から阪神の先発・秋山拓巳投手を攻めあぐねる。2回表には2死2塁の場面をつくったものの、得点にはつながらず。7回までわずか1安打に抑え込まれて、攻撃の糸口が見い出せない状況が続く。

 依然抑え込まれている打線は8回表、1死から角中勝也選手が二塁打でチャンスメイクを果たすと、続く藤岡裕大選手がレフトへの適時打を放ち、好投を続けていた秋山投手から1点を返した。

 2点差に迫った8回裏は、小野投手が回を跨いで失点を許さないリリーフを見せる。9回表は阪神の守護神・スアレス投手からマーティン選手と中村奨吾選手の連打で1点差に迫ったものの、あと一歩及ばず、3対2で試合終了。

 千葉ロッテは、先発の岩下投手が5回70球4安打4奪三振1四球3失点の内容で今季3敗目。打線は抜群の制球力と緩急を駆使した秋山投手を攻略できず。終盤に得点を奪ったものの、序盤の失点が響いて、カード勝ち越しは明日に持ち越しとなった。

  123456789 計
ロ 000000011 2
神 00201000X 3

ロ ●岩下大輝-横山陸人-小野郁
神 ○秋山拓巳-Sスアレス

文・和田信

関連リンク

5/26 ジャイアンツ対イーグルス結果
5/26 スワローズ対ファイターズ結果
5/26 ベイスターズ対バファローズ結果
5/26 ドラゴンズ対ホークス結果
【ファーム】5/26 イーグルス対ベイスターズ結果
【ファーム】5/26 ホークス対タイガース結果
【ファーム】5/26 ライオンズ対マリーンズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM