【ファーム】R.ロドリゲスが来日第1号! 野村佑希、万波中正にも一発の北海道日本ハムが勝利

2021.5.23(日) 16:55 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・R.ロドリゲス選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・R.ロドリゲス選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月23日、ロッテ浦和球場で行われた千葉ロッテと北海道日本ハムのイースタン・リーグ公式戦、第6回戦は4対2で北海道日本ハムが勝利した。

 先に試合を動かしたのは北海道日本ハム。初回、1死から万波中正選手の7号ソロで先制すると、さらに2死から清宮幸太郎選手が二塁打を放ち、中継の隙を見て3塁まで進塁する。続く打席で千葉ロッテの先発・本前郁也投手の暴投の間に清宮選手がホームイン。幸先よく2点を先制する。

 北海道日本ハムの先発・ドラフト5位ルーキーの根本悠楓投手は、初回から2者連続三振を奪うなど力投を展開。2回裏には植田将太選手の適時打で今季初失点を喫するも、後続を断ち1失点にとどめる。根本投手は3回裏、1死から安打を許し、続く4番・藤原恭大選手に四球を与え、2.1回3安打3奪三振3四球1失点で降板。後を受けた鈴木健矢選手は無失点でつないだ。

 一方の打線は5回表、新助っ人外国人の1番・R.ロドリゲス選手に1号ソロが生まれると、怪我から復帰した3番・野村佑希選手も今季第1号のソロ本塁打を放ち、2点を追加。上位打線のアベック弾で、リードを3点に広げた。

 3回途中から継投に入った北海道日本ハムは、全6投手を投入。5回裏から登板した高山優希投手は1点を失うも、リード譲らずに2イニングをつなぐ。7回裏からは公文克彦投手、秋吉亮投手と1イニングずつ無失点に抑えると、9回裏は長谷川凌汰投手が無失点で締め、4対2で試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、接戦をものにしてカード勝ち越し。R.ロドリゲス選手、野村選手に一発が生まれると、中継ぎ陣も好投でリードを守りきった。対する千葉ロッテは、投手陣の粘投及ばず惜しくも敗戦。打撃陣では三木亮選手、植田選手にそれぞれマルチ安打が生まれている。

  123456789 計
日 200020000 4
ロ 010010000 2

日 根本悠楓-○鈴木健矢-高山優希-公文克彦-秋吉亮-S長谷川凌汰
ロ ●本前郁也-アコスタ-原嵩-成田翔-東條大樹-フローレス 

文・小野寺穂高

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

5/23 ライオンズ対ファイターズ結果
5/23 マリーンズ対イーグルス結果
5/23 ホークス対バファローズ結果
【ファーム】5/23 ライオンズ対ベイスターズ結果
【ファーム】5/23 バファローズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM