【ファーム】高木渉が先制の2ラン。先発・本田圭佑は7回2失点も救援崩れ敗戦

2021.5.23(日) 16:27 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・高木渉選手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・高木渉選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月23日、CAR3219フィールドで行われた埼玉西武と横浜DeNAのイースタン・リーグ公式戦、第7回戦は4対6で埼玉西武が敗戦。

 埼玉西武は1回裏、1番・綱島龍生選手が安打で出塁すると、本日スタメン復帰の3番・高木渉選手に2号2ランが生まれ先制する。続く2回裏にも7番・長谷川信哉選手の安打が生まれ、8番・齊藤誠人選手の二塁打と相手失策で1点を追加。横浜DeNAの先発・平良拳太郎投手から3点を先行した。

 一方、埼玉西武の先発は本田圭佑投手。立ち上がりの初回を3者凡退に切って取ると、4回まで横浜DeNA打線を1安打無失点に抑える好投を見せる。5回表に山本祐大選手の適時打で1点を失うと、6回表にも4番・細川成也選手の6号ソロで1点差となるが、以降は得点を許さず。リードを保ち、7回5安打7奪三振、無死四球2失点でマウンドを降りた。

 3回以降無安打に抑え込まれていた打線は7回裏、2死から川越誠司選手の4号ソロで1点を追加する。しかし、9回表に登板した伊藤翔投手が連打で1点を失い、なおも1死満塁で降板。代わった水上由伸投手も小深田大地選手の走者一掃の適時三塁打を浴び、逆転されてしまう。

 2点を追う展開となった9回裏も3者凡退に終わり、4対6で試合終了。埼玉西武は先発の本田投手が7回2失点の好投。打線も高木選手と川越選手に本塁打が生まれ効率良く4得点を挙げたが、最終回に救援陣が崩れ敗戦となった。

  123456789 計
デ 000011004 6
西 210000100 4

デ 平良拳太郎-勝又温史-池谷蒼大-笠井崇正-○シャッケルフォード-S櫻井周斗
西 本田圭佑-小川龍也-●伊藤翔-水上由伸

文・丹羽海凪

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

5/23 ライオンズ対ファイターズ結果
5/23 マリーンズ対イーグルス結果
5/23 ホークス対バファローズ結果
【ファーム】5/23 マリーンズ対ファイターズ結果
【ファーム】5/23 バファローズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM