早川隆久がプロ初完封でリーグトップの5勝目! 島内宏明の先制弾で楽天が勝利

2021.5.16(日) 16:46 パ・リーグ インサイト
東北楽天ゴールデンイーグルス・早川隆久投手(C)パーソル パ・リーグTV
東北楽天ゴールデンイーグルス・早川隆久投手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月16日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと楽天の第8回戦は、1対0で楽天が勝利。先発のドラフト1位ルーキー・早川隆久投手がプロ初完封勝利を飾り、リーグトップの5勝目を挙げた。

 楽天の先発は早川隆久投手。初回は1死から好調の宗佑磨選手に安打を許すも、落ち着いた投球で後続を打ち取る。打線は直後の2回表、先頭の4番・島内宏明選手が「試合前に石井監督のメジャー1号ホームランを見てそのホームランをイメージして打ちました」と、オリックスの先発・山崎福也投手から5号ソロを放ち、先制点を奪取。

 早川投手はその後もオリックス打線を寄せ付けない投球を披露。6回裏には9番・紅林弘太郎選手に二塁打を浴びるなど2死1、3塁のピンチを背負ったが、4番・杉本裕太郎選手を三振に仕留め、無失点で切り抜ける。島内選手の本塁打以降スコアは硬直し、1対0のまま試合は終盤へ。

 1点リードのまま迎えた9回裏も早川投手がマウンドへ。3番・吉田正尚選手に四球を与えるも、続く杉本選手を内野ゴロ、T-岡田選手を三振に抑え1対0で試合終了。

 勝利した楽天は先発の早川投手が9回3安打2四球8奪三振無失点でプロ初完封勝利をマーク。序盤に島内選手のソロ本塁打で挙げた1点のリードを守り切った。一方敗戦したオリックスは、山崎福投手が7回途中5安打1本塁打2四死球4奪三振1失点の好投を披露。中継ぎ陣も無失点でつないだが、打線が応えられず。早川投手を前に3安打に抑え込まれた。

  123456789 計
楽 010000000 1
オ 000000000 0

楽 ○早川隆久
オ ●山崎福也-比嘉幹貴-漆原大晟-山田修義

文・高橋優奈

関連リンク

【ファーム】5/15 ファイターズ対ライオンズ結果
5/16 マリーンズ対ライオンズ結果
5/16 ファイターズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM