【ファーム】小郷裕哉が先制3ラン! 瀧中瞭太は7回無失点と好投

2021.5.13(木) 15:30 パ・リーグ インサイト
楽天イーグルス・小郷裕哉選手(C)パーソル パ・リーグTV
楽天イーグルス・小郷裕哉選手(C)パーソル パ・リーグTV

 5月13日、ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉で行われた楽天対東京ヤクルトのイースタン・リーグ公式戦、第9回戦は4対0で楽天が勝利した。

 楽天は3回裏、1死から連続四球で作った1、2塁の場面で、武藤敦貴選手と黒川史陽選手による重盗が決まりチャンスを拡大させると、5番・小郷裕哉選手がライトスタンドへの1号3ランを放ち、先制に成功する。

 楽天の先発・瀧中瞭太投手は、立ち上がりから落ち着いた投球で流れを渡さない。終盤に差し掛かった7回表には守備の乱れなどで迎えた2死1、3塁のピンチを切り抜けるなど、内外角を投げ分けながら緩急を生かして、手元で動く球を武器に東京ヤクルト打線を抑え込んだ。

 中盤以降攻めあぐねる楽天打線は7回裏、2死から内田靖人選手の二塁打で追加点の好機を演出すると、小郷選手がライトの頭上を越えるフェンス直撃の適時二塁打を放ち、3回裏以来となる得点を奪った。

 瀧中投手は7回を投げ切ったところで降板。8回表からは牧田和久投手が登板してわずか6球で1イニングを無失点に抑えると、9回表は寺岡寛治投手が締めて4対0で試合終了。
 
 勝利した楽天は先発の瀧中投手が7回100球3安打4奪三振1四球無失点の好投で試合をつくった。一軍登録中の6選手が並んだ打線では、小郷選手が全打点を挙げる活躍。さらに黒川選手はマルチ安打、武藤選手は無安打ながらも3盗塁とそれぞれ持ち味を見せてアピールに成功した。

  123456789 計
ヤ 000000000 0
楽 00300010X 4

ヤ ●長谷川宙輝-市川悠太-星知弥-大西広樹
楽 ○瀧中瞭太-牧田和久-寺岡寛治

文・和田信

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM