高橋光成が7回1失点でリーグトップタイの3勝目をマーク。森友哉の一発で勝負を決めた埼玉西武が首位浮上

2021.4.16(金) 20:39 パ・リーグ インサイト
埼玉西武ライオンズ・高橋光成投手(C)パーソル パ・リーグTV
埼玉西武ライオンズ・高橋光成投手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月16日、メットライフドームで行われた埼玉西武と福岡ソフトバンクの第4回戦は、2対1で埼玉西武が勝利。今季の対福岡ソフトバンク戦の連勝を「4」に伸ばし、首位に浮上した。

 埼玉西武は初回、先発の高橋光成投手が3番・グラシアル選手に一発を浴び、先制を許す。しかし、その裏の攻撃で先頭の若林楽人選手が二塁打で出塁するなど、1死3塁の好機を作ると暴投の間に得点。すぐさま試合を振り出しに戻す。

 追い付いてもらった高橋光成投手は、安定した投球を展開。2回表から6回表までは得点圏に走者を進ませないなど、粘りの投球で味方の援護を待つ。一方の打線は福岡ソフトバンクの先発・石川柊太投手を前になかなか好機を作れず、同点のまま試合は後半戦へ突入する。

 援護したい埼玉西武打線は6回裏、1死走者なしから森友哉選手が右翼席へ3号ソロを放ち逆転に成功。頼れる女房役の一発で、この試合初めてのリードを奪った。好投を披露していた高橋光成投手は7回表、2四球で2死1、2塁と一打逆転のピンチを背負ったが後続を抑え、ここを凌いだ。

 8回表からは2番手・平良海馬投手にスイッチ。2死1、3塁のピンチを招いたが、4番・栗原陵矢選手を空振り三振に打ち取り無失点に抑える。9回裏は守護神・増田達至投手がマウンドへ。安打を許したが、後続を併殺打に打ち取り、試合終了。2対1で埼玉西武が逃げ切った。

 勝利した埼玉西武は、先発した高橋光成投手が7回107球3安打3奪三振3四球1失点の好投で、今季3勝目をマーク。自身の対福岡ソフトバンク戦は8連勝と相性の良さを発揮した。一方敗れた福岡ソフトバンクは、先発の石川投手が7.2回2失点と試合を作るも一発に泣き、2敗目を喫した。打線も初回の一発以降得点を奪えず。終盤の好機であと一本が出ず、埼玉西武に対し4連敗。

  123456789 計
ソ 100000000 1
西 10000100X 2

ソ ●石川柊太-嘉弥真新也-高橋純平
西 ○高橋光成-平良海馬-S増田達至

文・吉村穂乃香

関連リンク

4/16 ファイターズ対イーグルス結果
4/16 バファローズ対マリーンズ結果
【ファーム】4/16 ライオンズ対スワローズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM