【ファーム】勝俣翔貴が勝ち越しタイムリー! 東晃平も6回1失点の好投でオリックスが勝利

2021.4.13(火) 21:51 パ・リーグ インサイト
オリックス・バファローズ 勝俣翔貴選手(C)パーソル パ・リーグTV
オリックス・バファローズ 勝俣翔貴選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月13日、京セラドーム大阪にて行われたオリックスと阪神のウエスタン・リーグ公式戦、第4回戦は3対1でオリックスが勝利した。

 オリックスの先発・東晃平投手は初回、先頭の高山俊選手に安打を許したところから、盗塁に味方の失策も重なって1死3塁のピンチを迎えると、3番・小野寺暖選手に適時二塁打を許し先制点を奪われた。その後も毎回走者を置く苦しい場面が続いたものの、変化球を武器に粘りの投球でピンチを切り抜けて、6回表を3者凡退に打ち取ったところで降板した。
 
 東投手を援護したいオリックス打線は、阪神先発・チェン投手の前に好機を作れず。中盤まで打ちあぐねる展開が続いたが、6回裏に1死から宜保翔選手が二塁打を放ち、四球などで2死1、3塁へとチャンスを拡大。ここで迎えた来田涼斗選手が適時打を放ち同点に追い付くと、続く勝俣翔貴選手のライトの頭上を越える適時二塁打で2点の勝ち越しに成功した。

 リードを奪った7回表は、齋藤綱記投手がわずか9球で3者凡退に打ち取って流れを渡さず。8回表はK-鈴木投手がつないで、2点差で迎えた9回表は中田惟斗投手が打球を受けるアクシデントで途中降板するも、最後は比嘉幹貴投手が2死1、2塁の場面を無失点で抑えて3対1で試合終了。

 勝利したオリックスは先発の東投手が6回99球5安打7奪三振2四球1失点の好投で今季3勝目。7回から後を受けた救援陣も無失点リレーで中盤に奪ったリードを守り抜いた。打線は来田選手が同点打を含む3安打の活躍を見せた。

  123456789 計
神 100000000 1
オ 00000300X 3

神 ●チェン-谷川昌希
オ ○東晃平-齋藤綱記-K-鈴木-中田惟斗-S比嘉幹貴 

文・和田信

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

4/13 ライオンズ対ファイターズ結果
4/13 イーグルス対マリーンズ結果
4/13 ホークス対バファローズ結果
【ファーム】4/13 ファイターズ対イーグルス結果
【ファーム】4/13 マリーンズ対ベイスターズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM