【ファーム】上林誠知、リチャードが本塁打! 増田珠も4打点の活躍で鷹が3連勝

2021.4.6(火) 16:29 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・上林誠知選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・上林誠知選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月6日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと福岡ソフトバンクのウエスタン・リーグ公式戦、第4回戦は7対1で福岡ソフトバンクが勝利。中盤に集中打でリードを広げ、3連勝を飾った。

 福岡ソフトバンクの先発・尾形崇斗投手は、打たせて取る投球内容で3回まで走者を一人も出さない完璧な立ち上がりを見せる。

 援護をしたい打線は4回表、上林誠知選手の1号ソロで先制に成功する。さらにリチャード選手三森大貴選手の連打と柳町達選手の四球で2死満塁の好機を作り、続く増田珠選手が走者一掃の適時二塁打を放ち3点を追加。この回一挙4得点で福岡ソフトバンクが中盤に試合の主導権を握った。

 尾形投手は直後の4回裏に1点を失うも、5回3安打2奪三振1四球1失点の好投で降板。すると打線は6回表にも2死1、2塁の好機を作り、増田選手の適時打で1点を追加する。4点リードの6回裏からは中村亮太投手松本裕樹投手がそれぞれ走者を背負いながらも無失点で切り抜けた。

 9回表には、リチャード選手に2号2ランが飛び出し7対1とオリックスを突き放す。6点差となった9回裏は、川原弘之投手が3人で抑え試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の尾形投手が5回1失点の好投。打線は上林選手、リチャード選手に本塁打が生まれ、増田選手も2安打4打点の活躍を見せた。一方敗れたオリックスは、先発の東晃平投手が4回に打ち込まれ4失点を喫し、6回8安打5奪三振2四球5失点と課題が残る投球内容だった。打線も福岡ソフトバンク投手陣の前にわずか4安打1得点と捉えきれなかった。

  123456789 計
ソ 000401002 7
オ 00010000X 1

ソ○尾形崇斗-中村亮太-松本裕樹-川原弘之
オ●東晃平-金田和之-齋藤綱記-比嘉幹貴

文・鈴木竜雅

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

4/6 ファイターズ対ホークス結果
4/6 ライオンズ対イーグルス結果
4/6 マリーンズ対バファローズ結果
【ファーム】4/6 ライオンズ対ファイターズ結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM