マーティンがリーグトップの4号3ランも、千葉ロッテ対オリックスは引き分け

2021.4.6(火) 20:51 パ・リーグ インサイト
千葉ロッテマリーンズ・マーティン選手(C)パーソル パ・リーグTV
千葉ロッテマリーンズ・マーティン選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月6日、ZOZOマリンスタジアムで行われた千葉ロッテとオリックスの第1回戦は、3対3で引き分けに終わった。両軍の先発左腕が粘りの投球で投手戦となり、試合を決める一打が出なかった。

 今季初対戦となった両者は、初回を無得点で終える立ち上がり。しかし、千葉ロッテ先発・小島和哉選手は2回表、モヤ選手頓宮裕真選手に四球を与え、1死1、2塁のピンチを招く。ここで安達了一選手に適時打を浴び、オリックスに1点の先制を許した。

 一方の千葉ロッテ打線は3回裏、オリックス先発の田嶋大樹投手から安打と四球で2死1、2塁のチャンスを作る。すると、続く2番・マーティン選手がライトへ4号3ランを放ち、3対1と試合をひっくり返した。

 小島投手は4回表、オリックスの9番・紅林弘太郎選手に適時打を浴び、1点差に詰め寄られる。5回表は3者凡退に抑え、続く6回表も2死まで順調にアウトを重ねた。しかし、2死から頓宮裕真選手に2号ソロを浴び、同点に追い付かれてしまう。

 勝ち越したい打線であったが、5回以降は田嶋投手の前に走者を出すことができない。8回裏には平野佳寿投手から2死1、2塁のチャンスを作るも後続が倒れ、無得点。9回表は益田直也投手が3者凡退に切って取り、9回裏にも2死1、2塁とするも、最後は田村龍弘選手が投ゴロに倒れ試合終了。3対3で引き分けとなった。

 千葉ロッテ先発・小島投手は、走者を出しながらも6回6安打3失点の粘投。打線はマーティン選手の3ランで逆転するも、その後は無得点に終わった。一方のオリックスは、先発・田嶋投手が7回3安打3失点と本塁打以降千葉ロッテ打線を抑え込んだが、打線にあと一本が出なかった。

  123456789 計
オ 010101000 3
ロ 003000000 3

オ 田嶋大樹-平野佳寿-漆原大晟
ロ 小島和哉-唐川侑己-小野郁-益田直也

文・鈴木海斗

関連リンク

4/6 ファイターズ対ホークス結果
4/6 ライオンズ対イーグルス結果
【ファーム】4/6 ライオンズ対ファイターズ結果
【ファーム】4/6 バファローズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM