松田宣浩の今季初アーチなど14安打7得点で鷹が連敗ストップ! 千賀滉大は好投も負傷交代 

2021.4.6(火) 21:53 パ・リーグ インサイト
福岡ソフトバンクホークス・松田宣浩選手(C)パーソル パ・リーグTV
福岡ソフトバンクホークス・松田宣浩選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月6日、札幌ドームで行われた北海道日本ハムと福岡ソフトバンクの第1回戦は、7対0で福岡ソフトバンクが快勝。投打がかみ合った福岡ソフトバンクが連敗を「5」でストップした。

 福岡ソフトバンクは初回、1番・周東佑京選手の安打と2番・今宮健太選手の犠打で得点圏に走者を置くと、柳田悠岐選手の3試合連続打点となる適時打で先制。さらに2死2塁となった場面で、5番・栗原陵矢選手が2号2ランを放ち、初回から3点を先行する。栗原選手は「今季初登板の千賀さんを援護できて良かった」とコメント。今宮選手は、この犠打で伊東勤氏に並ぶパ・リーグ通算最多犠打記録タイとなった。

 連敗を止めるべくマウンドに上がったのは、今季初登板の千賀滉大投手。援護をもらったあとの1回裏は、3者凡退で抑える立ち上がりを見せる。2回表にも打線が1点を追加し、4点リードの2回裏からは走者を背負いながらの投球となるが、要所を締めて得点を与えない。

 打線は3回表、グラシアル選手と栗原選手の連打で無死1、2塁と好機を作るが、後続が倒れ得点できず。しかし6回表、7番・中村晃選手が安打で出塁すると、続く8番・松田宣浩選手が適時二塁打を放ち、追加点を奪いリードを5点に広げる。

 無失点の好投を披露していた千賀投手だったが、渡邉諒選手の強烈なピッチャーライナーを捕球した際に負傷し、6回途中で無念の交代。緊急登板となった津森宥紀投手は、6回裏2死から4者連続三振の完璧な投球でチームを救った。

 打線は、8回表に松田選手が「いいスイングで完璧に捉えることが出来た」と左翼スタンドに飛び込む第1号ソロで得点する。さらに1死1、2塁と好機を作ると、代走から途中出場の真砂勇介選手が今季初打点となる適時打を放ち、試合を決定づけた。8回裏からマウンドを継いだ泉圭輔投手も無安打無失点、最終回は田浦文丸投手が無失点に抑えて試合終了。

 勝利した福岡ソフトバンクは、先発の千賀投手が5.2回3安打4奪三振無失点の好投で今季初登板で勝利を手にしたが、負傷した足の状態が心配なところ。打線は、周東選手が3安打、松田選手に今季初本塁打が飛び出すなど、開幕第2戦以来の2桁安打で、連敗を「5」でストップした。

 敗れた北海道日本ハムは、先発の池田投手が5.2回8安打5失点で、本拠地初登板を白星で飾ることができなかった。打線は、中島卓也選手がマルチ安打を記録するが、つながりを欠いて散発4安打と、2つの引き分けを挟んで5連敗と苦しい試合が続く。


  123456789 計
ソ 310001020 7
日 000000000 0

ソ ○千賀滉大-津森宥紀-泉圭輔-田浦文丸
日 ●池田隆英-堀瑞輝-鈴木健矢-北浦竜次-玉井大翔-村田透

文・岡絃哉

関連リンク

4/6 ライオンズ対イーグルス結果
4/6 マリーンズ対バファローズ結果
【ファーム】4/6 ライオンズ対ファイターズ結果
【ファーム】4/6 バファローズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM