【ファーム】万波中正が本塁打含む3安打4打点の活躍! 北海道日本ハムが乱打戦に勝利

2021.4.6(火) 17:42 パ・リーグ インサイト
北海道日本ハムファイターズ・万波中正選手(C)パーソル パ・リーグTV
北海道日本ハムファイターズ・万波中正選手(C)パーソル パ・リーグTV

 4月6日、CAR3219フィールドで行われた埼玉西武と北海道日本ハムのイースタン・リーグ公式戦、第2回戦は14対10で北海道日本ハムが勝利した。

 北海道日本ハムの先発は生田目翼投手。初回に1死満塁のピンチを作ると、山田遥楓選手の適時打などで3点を先取される。一方打線は直後の2回表、無死1塁から万波中正選手の適時二塁打で1点を返すと、なおも2死2、3塁から田宮裕涼選手の2点適時打で同点に追い付く。

 しかし、先発の生田目投手は続く2回裏に愛斗選手の3号2ランなどでこの回も3失点を喫する。打線は3回表に万波中正選手の5号2ラン、4回表に1死2、3塁から細川凌平選手の2点適時打で7対6と逆転するも、6回裏に1死1塁から山村崇嘉選手に1号2ラン、川越誠司選手の1号2ランで再度逆転を許し降板。生田目投手は6回10安打10失点と不本意な結果となった。

 7対10とリードされた北海道日本ハムだったが、直後の7回表に2死1塁から今川優馬選手の2試合連続となる3号2ランで1点差にする。そして9回表に無死1、2塁から万波選手の投手強襲の適時打で同点に。さらに無死満塁とし、平沼翔太選手の中前適時打などで4点を勝ち越し、この回一挙5点で再度逆転する。9回裏は前の回から登板していた井口和朋投手が無失点に抑え、試合終了。

 勝利した北海道日本ハムは、万波選手が5打数3安打1本塁打4打点、田宮選手が3打数2安打4打点など打撃陣の活躍が目立った。一方敗れた埼玉西武は、ドラフト3位ルーキー・山村崇嘉選手が一時逆転となる公式戦初本塁打、愛斗選手も4打数2安打1本塁打2打点をマーク。しかし、投手陣が乱れて悔しい敗戦となった。

  123456789 計
日 032200205 14
西 330004000 10

日 生田目翼-根本悠楓-○井口和朋
西 渡邉勇太朗-豆田泰志-大窪士夢-武隈祥太-●水上由伸 

文・成田理亮

◇ファームの中継を観るならパーソル パ・リーグTV。6球団の本拠地主催試合を放送中!
https://tv.pacificleague.jp/page/smp/service/

関連リンク

4/6 ファイターズ対ホークス結果
4/6 ライオンズ対イーグルス結果
4/6 マリーンズ対バファローズ結果
【ファーム】4/6 バファローズ対ホークス結果

関連選手記事/PLAYER

関連チーム記事/TEAM